【無料プレゼントあり】あなた、いま「副業ブログ」で稼げてますか?副業ブログを成功させるポイントを「メルマガ」で解説中!詳細はココをクリック!

優秀な人が実践している!仕事を上手にサボる方法7選(ヒミツを明らかにする)

あみぃ

「仕事をサボる人=優秀」みたいな風潮を感じるんだけど…コレって本当なの?

この記事では、上記の疑問を明らかにしていきます。

この記事を読んで分かること

この記事を読めば「仕事をサボる人って優秀なの?」の疑問を解決できて、あなた自身も効率的な働き方や空き時間の有効活用を実現できるようになります。

この記事を書く僕自身も、割と「上手に仕事をサボれるタイプ」である自覚があります。

さくちょ

そして自分で言うのもアレですが…割と優秀なタイプだと社内の同僚・上司から評価されています。

仕事を上手にサボれるようになると、自分の時間が増えて、仕事もプライベートもイイ感じに歯車が回るようになります

この記事を読んで、ぜひ「仕事を上手にサボるテクニックと思考法」を身に着けてくださいね!

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー&Kindle作家
  • ブログ中心の副業で毎月6桁稼ぐ
  • 副業ブログに関するKindle本を複数冊出版
  • 自宅でのスピンバイク×動画学習が日課
  • 僕のプロフィールページはコチラ
こんにちは!
この記事の目次

仕事をサボる人は優秀なのか?ヒミツを明らかにする

効率の良い仕事への意識が変わりつつある現代において、「じつは仕事をサボる人って優秀なのでは?」と密かに注目されつつあります。

必ずしも仕事をサボる全ての人が優秀とは限りませんが、以下のように、効率的かつ効果的に働くためにサボることができる人は「優秀」とみなされることがあるでしょう。

少ない時間でより大きな成果を上げている

優秀で仕事を効率的にこなせる人は、より少ない時間でより大きな成果を上げています

抱えている仕事の中で、最も重要なタスクにだけ集中し、無関係な会議や雑務を避けることで、時間を最大限に活用しているのですね。

さくちょ

以前は深夜遅くまで働くのが正義と言われていましたが、もうそんな価値観は通用しない時代になっています。

タスク管理や時間割り当て能力が優れている

仕事をサボれる優秀な人は、効率的なタスク管理優れた時間割り当て能力を持っています。

優秀な人が仕事を早く終わらせている状況を「サボっている」と見られがちですが、高い能力で仕事を終わらせて、ヒマをもたらしているだけ。

さくちょ

仕事が完了するまでは、タバコを吸いにいったり、ダラダラ喋ったりしている時間など一切設けていませんからね。

生産性を最大化するのに必要なスキルを習得している

「仕事をサボる人が優秀」と言われるのは、生産性を最大化するために必要なスキルを習得しているからです。

パソコンのショートカットキーを覚えていたり、よく使う言葉を単語登録しておくなど、小さな効率化の積み重ねが、結果的に大きな違いを生み出します。

さくちょ

こういう基礎的なテクニックは、無意識レベルで使えるように、脳内へすり込みまくるしかないです。

仕事を上手にサボる7つの方法

効率と成果を同時に手に入れたいなら、賢く「サボる」ことが必要です。

ここでは「仕事の上手なサボり方を7つ」を紹介します。

さくちょ

これらの方法は、職場での評価を損なうことなく、時間とエネルギーを賢く使う手助けとなるでしょう!

方法①:タスクの優先順位を明確にする

「重要でも緊急でもないタスク」は、自分のタスクから除外しましょう。

全てのタスクをリストアップし、上図のように「緊急度」と「重要度」を評価して、最低限の労力で最大の効果を得られるものに集中するのです。

さくちょ

多くの方は「緊急ではないが重要」なタスクが溜まっていく傾向にあるので、この部分を消化していくことが重要です。

方法②:効率的な時間ブロックを作る

一日の中で集中力が必要な作業時間を設定し、その他の時間は比較的軽いタスクや休憩、余白にあてる方法です。

この時間管理法により、疲れを感じやすい時間帯(特に午後)には意図的に業務を軽減します。

さくちょ

就業時間内に必ず1日のタスクを終わるよう、適当な余白を設けておくのがポイントでしょう!(イレギュラーな対応が入ると、残業しなければ終わらない状況になるので)

方法③:デジタルツールを自ら積極的に導入する

自動化できるタスクは自動化し、効率的なデジタルツールを活用して時間を節約します。

例えば、僕は次のようなツール導入を自ら提案して、仕事の効率化を図っています。

  • 名刺管理システム(sansanなど)
  • グループスケジューラー(On Timeなど)
  • プロジェクト管理ツール(Lychee Redmineなど)

名刺管理のsansanはメチャ便利!

画像引用:https://jp.sansan.com/
さくちょ

ツール導入に稟議など必要な場合もありますが、そこで億劫にならず、社内のソフトウェア管理者へ積極的にアピールすることが重要です。

方法④:ムダな会議を減らす

ムダな会議は大きな時間の浪費となります。

会議の必要性を常に自分で考え、参加が必須でない場合は遠慮なく辞退しましょう。

さくちょ

僕はムダなチャットやメールすら目ざわりなので、明らかに関係ない連絡は完全無視orグループから脱退するようにしています。

方法⑤:通勤時間を利用する

通勤時間を有効活用することで、オフィスではより集中して仕事ができます。

オーディオブックを聴いたり、副業の作業時間に充てたりと、通勤時間をボーッと過ごすのはモッタイないですね。

さくちょ

本要約サービス「flier(フライヤー)」など活用すれば、少ない時間でビジネスの基礎知識やトレンドをインプットできるので、めちゃくちゃオススメです。

本要約サービス「flier(フライヤー)」は、コチラの記事を参考にしてください。

方法⑥:完璧主義をやめる

すべての仕事に100点を求めるのではなく、60~70点の及第点を目指せばよいのです。

ほとんどの仕事は100%の正解はない(人によって良い・悪いの解釈が異なる)ので、自分の中での100点を目指しても、あまり意味がないんですよね。

さくちょ

大きい声では言えませんが、ぶっちゃけ「仕事はマジメにやるだけ損」ってワケです。

この価値観をもっと詳しく知りたい方は、コチラの記事も読んでください。

方法⑦:自分時間を確保する

定期的に自分のための時間を設け、リフレッシュすることが重要です。

イメージ的には、空白のブロックをすべて「自分時間」とし、リフレッシュしたり突発的な仕事が入っても対応できるようにしておきます。

あみぃ

でも、そんな簡単に自分時間なんて作れないよ…

さくちょ

そう感じる気持ちもわかるけど、方法①~⑥を組み合わせて時分時間を作らないと、いつまでも仕事に追われ続けちゃうよ!

仕事をサボる優秀な人の特徴5つ

仕事を上手にサボることが、生産性や効率性を高めるコツです。

ここでは、仕事をサボる優秀な人の特徴5つを探っていきましょう。

特徴①:優れた時間管理能力を持っている

くり返しとなりますが、自分の時間を効率的に管理し、タスクの優先順位を自分で判断できる能力は重要です。

「重要度」と「緊急度」にタスクを分けて、午前の集中タイムで一気にタスクを消化していくのです。

さくちょ

タスクの優先度を自分で決められなかったり、周りの都合でスケジュールを支配されると、仕事を上手にサボれません。

特徴②:効果的なコミュニケーション力を身に付けている

仕事を上手くサボれる人は、必要な情報を短時間で収集・交換し、ムダな会話を避けることができます。

これにより、無駄なミーティングやメールのやり取り、非効率な情報収集時間を削減し、その時間をより生産的な活動に振り分けています。

さくちょ

会話が続くと世間話をしたがる人もいますので「会話をうまい具合に切り上げるスキル」も必要になるでしょう。

職場や仕事での人間関係が苦手なら、コチラの記事が参考になります。

特徴③:高い問題解決能力を持っている

仕事をサボる優秀な人は、困難な状況や複雑な問題に直面したとき、迅速かつ効率的に解決策を見つける能力に長けています。

最も良い方法の1つは「自分で考えすぎないこと」でしょう。

さくちょ

「う~ん…」と1人で考え続けても答えは出てこないので、スペシャリストやベテランの人に答えやヒントを求める行動力・判断力は重要です。

特徴④:継続的な自己研鑽けんさんを怠っていない

常にアンテナを張り巡らせて、自分自信のスキルアップや知識の拡大を求めていきましょう。

本業につながる自己研鑽も仕事の一環だと僕は考えているので、やはり時間管理が重要になってきますね。

さくちょ

よく「業務時間外のオフタイムが重要」と聞きますが、業務時間外は副業など本業とは別のスキルアップを行うべきであり、業務時間外に本業の自己研鑽に励むのは、僕的にはオススメしません。

特徴⑤:いつも心の余裕を持っている

仕事を上手くサボることによって、心の余裕を持って仕事に取り組むことができます。

イメージ的には、常に自分のキャパシティの80%で仕事をこなし、20%の余白(=心の余裕)を持っておくのです。

さくちょ

常に心の余裕がないと、イレギュラーな対応など入ると仕事をこなせなくなり、残業・休日出勤地獄に陥ってしまいます。

仕事をサボった時間の有効活用方法3つ

仕事をサボる時間をただの休息ではなく、自己投資やスキルアップの機会に変えましょう。

ここでは、仕事から得た余裕の時間を有効活用する3つの方法を紹介します。

有効活用①:資格取得などスキルアップの時間に充てる

サボった時間を利用して新しい資格を取得することは、将来のキャリアの選択肢を広げることに直結します。

ここで取り組むべき資格取得やスキルアップは、本業とは別の業界・分野がベター

1つの会社や業界に依存せず、キャリアの選択肢を増やす方向に目を向けるのです。

さくちょ

僕はスマホで資格が取れる「formie(フォーミー)」などを活用し、もともと興味関心のあったキャリアカウンセラーの民間資格などを取得しましたよ!

スマホで資格取れるformie(フォーミー)が気になる方は、コチラの記事を参考にしてください。

有効活用②:健康的な身体づくりの時間に充てる

健康なカラダを維持することは、仕事の効率に直接影響するだけでなく、あなたの人生を好転させるキッカケにもなるでしょう。

とは言え、家の近場にスポーツジムが無かったり、天気が悪いと出かけるのが面倒になったりしますよね…。

なので僕は、自宅に「スピンバイク」を置いて、いつでも気軽に運動できる環境を作っています。

さくちょ

スピンバイクは有酸素運動しながらタブレットで動画を見て勉強できるので、僕のライフスタイルを維持する必需品になっています!

スピンバイクに興味ある方は、コチラの記事をご覧ください。

有効活用③:副業を始める

副業は追加収入を得るだけでなく、新たなスキルを学んで異なる業界に触れるチャンスを得られます。

仕事のサボりが投資として返ってくるので、経済的自立にもつながって良いことだらけ!

さくちょ

僕は34歳から副業でブログをはじめた結果、約1年後に月10万円の収益を得られるようになり、お金と心の余裕を得られました。

【新常識】空いた時間で副業をはじめるのが最適解である理由5つ

仕事をサボって空いた時間で「副業」を始めるのが最適解です。

ここでは「なぜ副業をはじめるのが最適解なのか」について5つの理由を提示していきます。

理由①:経済的に自立できる

副業は本業以外に追加収入源を生み出し、やがて経済的な自立=お金の余裕を手に入れることができるようになります。

本業1つだけの収入源に依存するリスクを減らせば、突然会社が傾いたり、抗えない減給や降格を言い渡されても、あまり気にならなくなるでしょう。

さくちょ

特に僕がオススメするブログは、ほとんどリスクなく始められて資産性が高いので、本業ありきの副業として最高です!

理由②:本業と異なる業界で経験を積める

副業は、本業と異なる業界で経験を積む絶好のチャンスになるでしょう。

田中研之輔さん著書プロティアンでは次のように書かれており、僕の心にグサリと刺さりました。

もう、一つの会社で勤め続けて、一生を終えられる時代ではありません。

プロティアン 70歳まで第一線で働き続ける最強のキャリア資本術
さくちょ

1つの職種やスキルだけにこだわらず、新しいスキルを身に付けてセカンドキャリアを描いていくのが重要です。

プロティアンが気になる方は、僕の書いた書評記事を参考にしてください。

理由③:創造的なプロジェクトに挑戦できる

副業をはじめることで、新しいアイディアや創造的なプロジェクトに挑戦できるようになります。

例えば、僕は個人で電子書籍を出版するというビッグプロジェクトを実現させました。

さくちょ

いまは、誰でも簡単に本を出版できる時代になっているんです!

「電子書籍を出してみたい!」と興味ある方は、コチラの記事を参考にしてください。

理由④:SNSやコミュニティを活用して人脈を拡大できる

副業を通じて、本業と全く関係ない業界の新しい人々と出会い、人脈を広げることができます。

X(旧Twitter)やInstagramなどのSNSでは、本業ありきの副業をやっている人がたくさんいるので、そのような方々と繋がることができます。

またオンラインサロン・コミュニティもたくさん立ち上がっているため、価値観や考え方に共感できるグループに参加すれば、その中でもっと親密な関係を築くことができるでしょう。

さくちょ

僕は副業をはじめる34歳まで、SNSに一切触れてきませんでしたが、今ではたくさんの人達と繋がれて幸せです!

理由⑤:自分のキャリアの選択肢を広げられる

副業はキャリアの選択肢を広げ、将来的にはセカンドキャリアや転職・起業への道を開くかもしれません。

副業をきっかけに転職や起業・独立した人が、数え切れないほどたくさんいます。

とは言え、必ずしも転職や起業・独立を意識する必要はありません。

さくちょ

「本業以外にも自分には選択肢があるんだ!」という自信を持てれば、心の余裕を持つことができるようになりますよ!

【Q&A】よくある質問にお答えします

ここでは「仕事をサボる人って優秀なの?」と疑問を感じている方の、よくある質問へお答えしていきます。

効率的に働くための最初のステップは何ですか?

効率的に働くための最初のステップは、自分自身の仕事における時間の使い方を分析することです。どの活動が最も価値を生んでいるかを見極め、無駄な活動を削減することから始めましょう。

仕事中に集中力を保つ方法は?

短い休憩をこまめに取ることが、長時間の集中力を維持するカギです。また、デジタルデバイスの通知をオフにして作業に没入する時間を作ることも効果的でしょう。

仕事のサボり方に正しい方法はありますか?

「正しいサボり方」は、緊急ではない低優先度のタスクを後回しにして、エネルギーを高価値の活動に集中することです。これにより、全体の生産性を損なうことなく、有意義な成果を出すことが可能です。

仕事とプライベートのバランスを改善するにはどうすればいいですか?

仕事とプライベートのバランスを改善するには、仕事の時間を厳守し、オフの時間は完全にリラックスすることが重要です。また、仕事の時間外にメールをチェックしないなど、明確な境界を設けることも効果的です。

副業を始める際の注意点は何ですか?

副業を始める際は、本業との時間のバランスを保ち、法的な制約や職場の規則に違反しないように注意する必要があります。また、副業が本業のパフォーマンスに影響を与えないように計画的に行動しましょう。

まとめ:優秀な人が実践している!仕事を上手にサボる方法7選

ここまでの記事内容をまとめます。

  • 効率的に仕事をすることは、タスクの優先順位をつけてムダを省くことから始まること
  • 仕事を上手にサボる人は時間管理能力が高く、効果的なコミュニケーションを駆使していること
  • 空いた時間をスキルアップや健康維持、副業に活用することで、個人の成長と経済的自立を目指せること
  • その中でも副業は、会社に依存しない個人のスキルや経験を積み上げられる最適解であること

最後に大切なメッセージです。

僕らは、仕事のためだけに生きているのではありません。

限られた人生だからこそ、仕事だけでなく、人生全体の質を高めることが重要です。

さくちょ

生きていくためだけのライスワークは効率的に終わらせて、本当に自分のやりたいことを実現できる副業に挑戦していきましょう!

本業ありきの会社員が副業をやるなら、間違いなくブログがオススメです。

ぜひコチラの記事も参考にしてくださいね!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次