【無料プレゼントあり】あなた、いま「副業ブログ」で稼げてますか?副業ブログを成功させるポイントを「メルマガ」で解説中!詳細はココをクリック!

仕事は真面目にやるだけ損?仕事と人生のバランスを保つ最適解

あみぃ

マジメに働いているのに報われなくて…もしかして私って損してる!?

この記事では、オンラインキャリアカウンセラーの資格を持つ僕が、上記の悩みを持つ方へお届けします。

この記事を読んで分かること

「仕事はマジメに働きすぎると損する」の現実を理解できるようになり、より人生を充実させるために、これからどのように考え・行動すれば良いか分かるようになります。

\正しい知識を持った僕が解説します/

マジメに働くだけが、必ずしも良い結果を生むとは限りません。

さくちょ

常に完璧を目指さず及第点で満足し、自分の価値観に沿った働き方やライフワークを実現することで、仕事と人生の新しいバランスを見つけることができますよ!

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー&Kindle作家
  • ブログ中心の副業で毎月6桁稼ぐ
  • 副業ブログに関するKindle本を複数冊出版
  • 自宅でのスピンバイク×動画学習が日課
  • 僕のプロフィールページはコチラ
こんにちは!
この記事の目次

「仕事はマジメにやるだけ損」という現実を知る

多くの人は、学生時代から社会人になるまで「がんばって働けば、評価されて成功に近づく」と教わってきたでしょう。

しかし現実は、そう甘くありません。

マジメに働く社員ほど「努力が正しく評価されない」という状況に直面しています。

「報われない努力」の現実(マジメな人ほど損している)

長時間労働があたり前になっている社会では、テクノロジーの発展もあって、僕らサラリーマンに期待されている1日の成果(=仕事量)はドンドン増加しています。

しかし残念ながら、努力が給料やボーナスに反映されることは少ないのが現実。

直属の上司は正当に評価してくれても、組織の上にいる人達によるナゾの調整・・・・・が行われ、結局は平均的な評価しかもらえないのは、サラリーマンあるあるな話ではないでしょうか。

さくちょ

やがて努力と評価のズレが大きくなり、それが「消耗」として蓄積されていくんですよね…。

「マジメであること」がストレス・過労に直結している現実

「マジメであること」は一種の社会的価値として評価されがちですが、実際にはストレスや過労に直結しているケースが多いのです。

マジメに働くサラリーマンほど心と身体がどんどん消耗してしまい、ある日突然「ポキッ」と折れて働けなくなる人を、僕はこれまで何人も見てきました。

さくちょ

個人がマジメさを武器に仕事で成功を収めるストーリーは、もはや映画やドラマだけの話になりつつあると、僕は思っていますよ。

マジメに働くことのデメリットと落し穴

ここでは、以下の内容について、具体例を挙げながら解説していきます。

マジメに働くサラリーマンこそ報われない背景

くり返しですが、日本の社会には「マジメに働くことこそ正義」という風潮があるものの、その努力は必ずしも報われるわけではありません

特に次のような理由から、マジメに働くこと=デメリットになってしまうことがあります。

労働時間の長さが成果として認識されない

どれだけ長時間働いても、給料につながる形で評価されることは、ほとんどありません。

それだけでなく「単なる残業が多い社員」と目を付けられるリスクだって潜んでいます。

仕事の依頼が増えるだけ

マジメに仕事をこなす人ほど、周りから次のように思われがちに。

  • 簡単すぎる仕事だった?まだ体力はあり余っているよね〜
  • もう仕事終わったの?だったらコッチの仕事も手伝ってくれ〜
  • 彼はパパッと仕事をこなせるから、あの委員会も任せようなか〜

結果的に、他の社員より多く仕事を抱えて苦労することになるでしょう。

昇進につながらない

昇進の評価基準は、マジメに働くことだけではありません。

「戦略的な成果」や「リーダーシップの発揮」なども求められるし、仕事とは直接関係ない「上司のご機嫌取り」まで評価基準に含まれる場合があります。

さくちょ

このような理由で、残念ながら「マジメに働く社員ほど報われない」のです。

マジメに働くサラリーマンが感じる「職場での不公平感」

前述のような状況が重なると、職場における不公平感が強まるのは当然でしょう。

特に次のような不公平感が、マジメな社員たちにストレスを与えています。

業績に貢献している人ほど報われない

特に営業職やクリエイティブ職などの分野では、目に見える形で「会社に利益をもたらしている人ほど正当に評価されない」ことがあります。

他人に成果をうばわれる

一部の上司や同僚が「他人の成果を自分の成果としてアピールする」ケースも少なくなく、マジメな社員ほど被害者になりやすいと言えるでしょう。

評価基準の不透明さ

昇進や昇給の基準があいまいであり、努力しても報酬というカタチで報われるとは限りません。

さくちょ

マジメな社員ほど不公平感を感じても、その気持をグッとこらえてしまうので、結果的にストレスが蓄積されてしまうのです。

マジメに働きすぎることで陥る落とし穴

マジメに働くこと自体は素晴らしいことですが、マジメが過剰になりすぎるのはキケン信号

次のような落とし穴に陥るリスクがあります。

バーンアウト(燃え尽き症候群)

いつも全力で仕事に取り組みすぎると、どんどん疲弊してしまい、最終的には仕事への意欲やモチベーションを失うことに繋がりかねません。

キャリアの停滞

マジメさに固執しすぎると「新しいチャレンジ」や「スキルアップの機会」を見逃し、気付かない内に自分のキャリアが停滞してしまいます。

ストレスと健康への影響

過度のマジメさからくるストレスは、最終的に心身の健康に悪影響を与えるでしょう。

さくちょ

マジメに働いているがゆえに、キャリアが停滞してしまうほど切ないことはありません…。

マジメに仕事しすぎない「本当に効率的な仕事の進め方」とは

常に100点を目指して働くことは、ストレスや効率低下につながり、かえって成果が出ないこともありますよね。

ここでは、マジメに仕事しすぎない「本当に効率的な仕事の進め方」を実現するために、次の内容を解説していきます。

60〜70点ほどの及第点を超えれば十分である

マジメに働くことは素晴らしいことですが、全てにおいて100点を目指す必要はありません

むしろ職場で求められる水準を60〜70点とし、それ以上を追い求めない方が効果的である場合もあります。

完璧主義はリスク

完璧を求めると仕事に時間をかけすぎることになり、効率が下がるだけでなく、他の重要なタスクが疎かになるリスクが高まります。

適当が生む心の余裕

あえて及第点で留めることで仕事に追われることなく、常に心の余裕を持ち、他の仕事やプライベートの時間を確保することができます。

さくちょ

資格取得の試験なども、合格ラインは60〜70点の場合が多いですよね!100点を目指してがんばる必要はないってこと!

及第点で十分と割り切るための心構え

自分自身のバランスを保ち、長期的にモチベーションを持って働くためには、次のような心構えが重要です。

マジメに働く人にとって、仕事を及第点で終わらせることに罪悪感を感じる場合もあると思いますが、参考にしてください。

自分の価値観を大切にする

他人の期待に応えるだけでなく「自分が何を大切にしたいか」を考え、その価値観に沿った働き方を目指しましょう。

できないことを認める

すべてのタスクを完璧にこなすことは困難なため、できないことを素直に認めて、できる人に助けを求めることも重要です。

「No」と言う勇気

上司や同僚からの仕事を全て引き受けるのではなく、自分のキャパシティを超えそうな場合は「No」と言う勇気を持ちましょう。

さくちょ

これらの行動をなかなか取れない場合は、ロングセラーになっている自己啓発本嫌われる勇気を一読すると良いです。

効率的に仕事を進めるためのテクニック3つ

以下のテクニックを参考にしてみてください。

テクニック①:時間ブロッキング

1日のうちで仕事の種類ごとに時間を区切り、集中して取り組みましょう。

頭がフレッシュな午前中は「重要なプロジェクト」に集中し、午後は「ルーティン作業」や「チームミーティング」に当てるなど、1日の中での集中力サイクルに合わせて仕事を切り替えてみましょう。

テクニック②:優先順位の設定

タスクの優先順位を「重要度」と「緊急度」に分類する方法は有名です。

「緊急かつ重要なタスク」から取り組むのは当然ですが、後回しにしがちな「重要だが緊急でないタスク」も計画的に進められるようになります。

テクニック③:パレートの法則

すべてのタスクで100点を目指すのではなく、重要な20%のタスクに80%の力を注ぐのです。

「構成要素の2割が結果の8割を生み出している」と言われる通り、残りの80%のタスクには必要最低限の労力を注ぐイメージを持てばよいのです。

さくちょ

自分に合う・合わないはあると思いますが、いろんなスタイルを試して、自分にとってのベストを探しましょう!

自分の情熱を追求できる「副業」をはじめてみよう!

本業でマジメに働くことも重要ですが、自分の情熱を追求できる副業に挑戦すれば、もっと人生を充実させることができます。

ここでは、あなたが自分の情熱を追求するための確実な一歩を踏み出せるよう、以下の実践的なアドバイスを解説します。

サラリーマンが副業を始めるメリット

副業を始めることで、自分の情熱を追求しながら、もっと人生を充実させることができるでしょう。

副業を始めるメリットは、例えば次の通り。

収入源の多様化

副業で収入源を多様化することで、本業だけに依存しない経済的な安定を得ることができます。

自己実現の場

自分のスキルや趣味を活かして、楽しめるビジネスを見つければ、お金を稼ぎながら自己実現を追求できるようになるのです。

新たなスキルの習得

副業を通じて本業では得られない新しいスキルや知識を習得すれば、キャリアの幅を大きく広げることができるでしょう。

さくちょ

僕は34歳から副業ブログをはじめ、上記3つを手に入れることができました!

副業に挑戦するための心構え

副業を始める際には、次のような心構えを持っておくと良いです。

小さく始める

最初から大きな目標を掲げると挫折しやすいため、小さなビジネスや趣味の延長から始めてみるのが良いでしょう。

自分の強みを活かす

自分のスキルや趣味を活かせる分野で副業を始めると、より情熱を持って取り組むことができます。

失敗を恐れない

はじめての副業(=個人ビジネス)での失敗は必然ですが、それは貴重な経験・資産になるため、失敗を恐れずに挑戦することが重要です。

さくちょ

もしかすると、あなたの会社は副業禁止かもしれませんが、正直バレなければ全く問題ありません!

副業をはじめるための5ステップ

副業を通じて自分の情熱を追求するために、次のステップを考えてみましょう。

STEP
自分の興味・関心をリストアップ

自分が興味を持っていることや、過去に楽しかったと感じた経験をリストにする

STEP
副業のアイデアをブレインストーミング

自分の興味とスキルを掛け合わせて、どのような副業ができるかアイデアを思いつく限り洗い出してみる

STEP
小さな一歩から始める

まずはブログを書いたり、YouTube動画を作成したり、趣味の作品を販売するなど、小さな一歩から始めてみる

STEP
コミュニティを活用する

同じように副業に挑戦している人々のコミュニティに参加し、情報交換やアドバイスをもらう

STEP
少しずつ拡大していく

最初は小さな規模で始めた副業を、徐々に拡大していく

さくちょ

僕は小さな初期投資から始められて、自分のペースで進められるブログをサラリーマンの副業としてオススメしています。

【Q&A】よくある質問と回答

この記事で取り上げたテーマ「仕事はマジメにやるだけ損」に関する、よくある質問に回答していきます。

マジメに働いているのに評価されないのはなぜですか?

マジメに働くこと自体は素晴らしいですが、努力が見えづらい場合や、職場の評価基準が不透明な場合、評価されにくいことがあります。完璧主義を追求せず、効率的に働きながら自分の価値観に基づいて及第点を目指すことで、不公平感やストレスを軽減できます。

及第点で満足する働き方に罪悪感を感じます。どうすればいいですか?

すべてのタスクに100%の力を注ぐことは非現実的です。優先順位を見直し、重要なタスクに集中することで、自分にとって大切なことに時間を割けるようになります。自分の価値観を大切にし、バランスを取りながら働くことを意識しましょう。

副業と本業のバランスをどうやって取ればいいですか?

本業での優先順位を見直し、重要な仕事に集中することがポイントです。趣味や副業に毎日30分の時間を確保し、バランスを取りながら無理なく続けることが大切です。1年後の目標を立て、計画的に副業と本業のバランスを見つけましょう。

副業に挑戦することで、どのように自己実現ができるのですか?

副業は自分のスキルや興味を活かせる場であり、自己表現や創造性を発揮する機会を提供します。副業を通じて得た成功体験や新たなスキルが、自分に自信を与え、自己実現への道を広げます。また、本業でのキャリアアップや人間関係の構築にも役立つでしょう。

副業を通じて情熱を追求したいのですが、時間が取れません…。どうすればいいですか?

まず時間の使い方を見直し、本業のタスクに集中することで、効率的に仕事を進めることが大切です。そして、趣味や副業に毎日30分でも時間を確保することで、情熱を追求する一歩を踏み出せます。自分の目標を明確にし、計画的に進めることで、時間を効率よく使うことができます。

まとめ:仕事は真面目にやるだけ損?仕事と人生のバランスを保つ最適解

ここまでの話の要点を、以下の通りまとめます。

この記事のまとめ
  • マジメの再定義:100点ではなく60〜70点の及第点を目指す
  • 副業のメリット:会社に依存しない収入源の多様化や自己実現を達成できる
  • 今日からできる一歩:自分の好きなことや趣味を起点に副業をはじめてみる

「マジメに働くだけが良いとは限らない」という現実に直面したとき、僕らサラリーマンが求めるべきは「マジメの再定義」です。

100点満点を常に目指すのではなく、60〜70点の及第点で満足し、自分の価値観に基づいた効率的な働き方をすることで、過度なストレスや不公平感から解放されるでしょう。

そして、副業は自己実現の場として新たな心身のバランスを実現し、収入源の多様化にもつながる最適解です。

特に、小さな一歩からはじめられるブログは、自己実現と新しい収入源を確保できる最高の副業だと僕は考えています。

さくちょ

このように、仕事と人生の新しいバランスを見つけることで、マジメすぎることに縛られず、より充実した人生を手に入れることができます。

副業に興味を持ったならコチラの記事もご覧ください!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次