さらば運動不足!最強スピンバイクFITBOX LITEを徹底レビュー

突然ですが、社会人のあなたに問います。

あなたは健康診断を受けるたびに、問診票にある次の項目に必ず「いいえ」をチェックしていませんか?

1回30分以上の軽く汗をかく運動を週に2日以上、1年以上実施していますか? [はい/ いいえ]

「健康保険組合連合会」が平成30年度に実施した調査によると、驚くべきことに「男性は24.5%・女性は19.2%」しか日常に運動習慣が身に付いていないのです。

1回30分以上の軽く汗をかく運動を週に2日以上
1年以上実施している人の割合(男性/女性)
男性
24.5%
女性
19.2%

運動習慣が身に付いていない多くの人は、「運動しなきゃ…!」と思いつつも、多忙な毎日の中で運動する時間が確保できないでいるのが本音ではないでしょうか。

  • 最近カラダがなまっていて重たい…
  • 運動したいけど外には出るのは面倒くさい…
  • スポーツジムに通いたいけど月額が高くて決心がつかない…

家でできる運動といえば「筋トレ」「ストレッチ」などありますが、はっきり言って長続きしない人がほとんどだと思います。

さくちょ
さくちょ

僕は筋トレ・ストレッチ・ランニング・サイクリングなど試しましたが、どれも3カ月以上続けることができなかったので、運動習慣を身に付ける難しさをよく分かっています…。

でも、今回紹介するFITBOX LITEを購入してから、今まで運動習慣を身に付けられなかった私が、1回60分以上のたっぷり汗をかく運動を週に4日以上続けることができるようになりました!(もちろん現在も継続中)

FITBOX LITEはこんな人におすすめ!
  • 動画を見ながら楽しく運動したい人
  • 家で気軽に運動して健康維持したい人
  • インテリアになじむトレーニングマシンを探している人

運動習慣は忙しい日常生活の中で、無理なく身に付けたいですよね。

FITBOX LITEはそんな希望を叶える最高のトレーニングマシンです。

私はFITBOX LITEを購入してから、カラダもココロも健やかな生活を手に入れました。

それでは、早速みていきましょう!

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代の普通会社員&副業ブロガー
  • 月5桁のブログ副収入を得ています
  • 国家資格「技術士(建設部門)」のほか、副業の民間資格3つを保有
  • スピンバイクで運動しながら、ブログ運営方法を動画講座で勉強中
  • プロフィールはこちら / Twitterもやってます
こんにちは!
この記事の目次

FITBOX LITEとは?|スピンバイクと呼ばれる自宅用トレーニングマシン

FITBOX LITEは「スピンバイク」と呼ばれる自宅用のトレーニングマシンです。

実物はこんな感じで、インテリアになじむスタイリッシュなトレーニングマシンですね。

スピンバイクと似たトレーニングマシンとして「エアロバイク」があります。

この2つの違いを簡単に解説すると、下表の通りとなります。

項  目エアロバイクスピンバイク
イメージ画像
乗車姿勢ママチャリとおなじ乗車姿勢ロードバイクとおなじ乗車姿勢
(やや前傾姿勢)
負荷レベル軽め軽め~本格的まで調整
消費カロリー少なめ多め
連続使用時間だいたい30分までほぼ無制限※
ペダリングなめらかな漕ぎ心地自転車に近い感覚
サイズと重量コンパクトで軽い大きくて重い
※摩擦式の場合に限ります。

この表を見ると、次のように思う人がいるかもしれません。

スピンバイクは「前傾姿勢」「本格的」と書いてあるから、健康維持を目的にしている私にとって、ちょっとハードルが高すぎるかもなぁ…

たしかに、「一般的な」スピンバイクならハードルが高いかもしれません。

でもFITBOX LITEは、次の3つの理由より、これから運動習慣を身に付けたい初心者にとってピッタリのトレーニングマシンになっているのです。

  • 負荷が8段階から自由に選べるため、軽めの運動にも対応している
  • タブレット置き場があるため、自分の好きな動画を見ながら楽しく運動ができる
  • 省スペースで置けるオシャレなマシンなので、家に置いてもインテリアに自然と溶けこむ

これらについては、後ほど紹介する「FITBOX LITEのメリット5つ」でしっかり解説します。

さくちょ
さくちょ

今すぐメリットを知りたい方はコチラをクリックしてください。

FITBOXシリーズの紹介

FITBOX LITEは、次に示す「FITBOX」シリーズ3つのうちの1つとなります。

上から順に「初心者向け→中級者向け→上級者向け」と理解いただいても全然OKです。

「FITBOX」シリーズ3つ
  • FITBOX LITE・・・初心者向け
  • FITBOX ・・・・・中級者向け
  • FITBOX PRO・・・上級者向け

3つの違いを表で並べるとこんな感じです。

項 目FITBOX LITEFITBOXFITBOX PRO
イメージ画像


販売価格34,800円(税込)54,800円(税込)82,280円(税込)
対応身長145-185cm145-185cm150-188cm
耐荷重100kg100kg100kg
連続稼働時間90分90分90分
製品重量26kg29kg32kg
梱包重量31kg33kg37kg
製品サイズ930x430x1070mm1130x436x1160mm1010x510x1165mm
梱包サイズ890x250x760mm1075x270x880mm1003x206x900mm
サドル高さ調整7段階7段階11段階
サドル移動調整前後に6cm前後に7cm前後に8cm
ハンドル高さ調整5段階5段階9段階
モニター液晶モニター21.5インチ
エクササイズセンサー
Amazon
(PROは楽天)
詳細を見る詳細を見る詳細を見る
すべてFITBOX公式サイトから転用

当ブログをご覧いただいている人は、健康維持を目的とした比較的軽めの運動がいい!という人は多いはず。

この中でも「FITBOX LITE」と「FITBOX」のどっちがいいの?と悩む人はいるでしょう。

そんな人のために、コチラの記事で「FITBOX LITE」と「FITBOX」の比較を行いましたので、ぜひ参考にしてください。

さくちょ
さくちょ

先にお伝えしますと、健康維持を目的とした比較的軽めの運動をするなら、値段が安くてコンパクトな「FITBOX LITE」の購入をおススメしています。

FITBOX LITEを選んだ理由

私がFITBOX LITEを選んだ理由は、次の3つです。

  1. スピンバイクの中では比較的安かったから
  2. マンション住まいのため静音性を重視
  3. ジムに通いたかったけどコロナ拡大でリスク回避したかったから

1つずつサクッと説明していきましょう!

スピンバイクの中では比較的安かったから

FITBOX LITEは定価が34,800円(税込)です。

決して安い買い物ではありませんが、静音性に優れるマグネット負荷式のスピンバイクでは安い部類に入ります。

スピンバイクの負荷方式

スピンバイクの負荷方式(ペダルをこぐために必要な力強さ)には「摩擦式」と「マグネット式」の2種類あり、それぞれの特徴は下表の通りです。

負荷方式摩擦式マグネット式
今回の紹介はコッチ!!
負荷方式の概要ホイールに直接フェルト生地や革を当てて負荷をかける方式ホイールに磁石を近づけることで負荷を与える方式
メリット無段階で細かい負荷が調節できる
シンプルな作りで耐久性がある
長く運動ができる
とても静か
運動量が数値化できる
 摩擦による劣化がない
デメリット摩擦音がする
消耗したら交換が必要
運動量が数値化できない
継続使用時間に制限がある
重さが安定しない場合がある
摩擦式に比べるとやや高価
(参考)
向いている人
筋トレ上級者
自転車競技者
初心者

下表は、市場性のあるマグネット負荷式スピンバイクを比較したものになります。

FITBOX LITESTEADY ST128HG-ZA-5000Fホライズン GR7DK-738
イメージ画像



販売元AINEXTSTEADYHAIGEJohnson Health TechDAIKOU
販売価格34,800円(税込)29,800円(税込)49,800円(税込)198,000円(税込)129,500円(税込)
Amazon 詳細を見る 詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

めちゃくちゃカッコいいSIXPADのマシン「The Bike EX」は、なんと驚きの495,000円(税込)。

FITBOX LITEの約15倍もする高額マシンなので、上の比較表からは除外しました。

「あれ?もっと安くていいのがあるじゃん?」と思ったあなた!

良いところに気付きましたね。

そうなんです、先ほど載せた表のうち、「STEADY ST128」はFITBOX LITEと同じマグネット負荷式スピンバイクながら、5,000円も安く販売しているんです。

これに関しては、こちらの記事で徹底比較しておりますので、どうぞ参考にしてください。

さくちょ
さくちょ

はっきり言って、STEADY ST128を購入するのは全然アリだと思いますよ!僕もSTEADY ST128は気になっていて試乗してみたい…

マンション住まいのため静音性を重視

スピンバイク欲しいけど、マンション住まいならお隣さん宅に騒音を与えないか気になりますよね。

その点、FITBOX LITEは静音性を前面に押しだしているため、信用して購入しました。

その結論は、もう少し下の記事で詳しく解説しています。←はやく読みたい人はクリック!

ジムに通いたかったけどコロナ拡大でリスク回避したかったから

じつのところ、これが一番の理由です。

本当はジムに通う予定をしており、専用シューズまで購入していたのですが、気付いたら世の中はコロナウイルスのパンデミック。

このような中で、リスクあるジム通いに踏み切ることはやめました。

その結果FITBOX LITEに出会い、1回60分以上のたっぷり汗をかく運動を週に4日以上続けることができるようになったのは、運命的だったかもしれません。

FITBOX LITEのメリット5つ

ここでは、次に示すFITBOX LITEのメリット5つを紹介します。

  1. タブレットやスマホで動画を見ながら楽しく運動できる
  2. 省スペース&オシャレだからインテリア映えする
  3. 静音性バツグンで家族に迷惑がかからない
  4. 無理のない負荷を8段階から選べる
  5. 購入後1年間の保証がある(返品交換経験あり)

それでは、1つずつ見ていきましょう!

タブレットやスマホで動画を見ながら楽しく運動できる

FITBOX LITEにはタブレットやスマホをおく場所があります。

つまり、好きな動画を見て夢中になりながら運動できるんです。

動画に夢中になりながら、気が付いたら汗だくになるまで有酸素運動ができるなんて最高じゃないですか。

これが家で運動習慣を身に付けるいちばんのコツだと思っています。

さくちょ
さくちょ

はっきり言って、僕は動画を見るためにFITBOX LITEで運動しています!

省スペース&オシャレだからインテリア映えする

これ、私だけの勘違いだったら申し訳ないのですが・・・

さっきからFITBOX LITEの画像を数枚のせており、めちゃくちゃカッコいいと思いませんか?(笑)

私の家には1年以上前からFITBOX LITEを置いていますが、いま見てもカッコよくて見とれてしまいます。

さくちょ
さくちょ

カッコいいトレーニングマシンが家にあるだけで、テンション爆上がりです。

このデザインと合わせて自宅インテリアにスッと溶けこむのは、なんと言っても省スペースだからですね。

FITBOX LITEの製品寸法は、公式サイトより「93 ㎝ x 43 ㎝ x 107 ㎝」

買う前は「圧迫感あるかな」と不安でしたが、いざ届いて部屋に置くと圧迫感ゼロでした。

静音性がバツグンで家族に迷惑がかからない【実際の動画あり!】

上の画像はAmazonの【公式】FITBOX DIRECTに掲載されているのですが、「赤ちゃんの眠りを妨げないなんて…さすがに大げさでしょ!」と思う人は多いはず。

これに関しては、実際の運動中に撮影したコチラの動画をご覧ください。

いかがでしょうか?

完全に無音ではありませんが、ほとんど気にならない程度だと思いませんか?

実際、私は妻がドラマを見ている近くでFITBOX LITEを使用していますが、いままで一度もうるさいと言われたことはなく、またテレビの音量を上げるさせてしまうような事態にはなっていません。

ちなみに補足すると、次に説明する負荷8段階のどのレベルにしても音は変わらないですよ。

あみぃ
あみぃ

本当にうるさくなくて、のんびりテレビを見ていても全く気にならないよ♡

無理のない負荷を8段階から選べる

ペダルをこぐのが辛かったら負荷を軽くすればいいんです。

本体の真ん中にダイヤルゲージがあり、8段階から自分がいちばんやり易い負荷を選んでください。

さくちょ
さくちょ

僕は「2」がサイクリングしている感覚に近くて調度いい!それ以上の負荷だと動画を楽しく見れないし…

あみぃ
あみぃ

私はママチャリ感覚の「1」かなー…「1」なら本当に軽めの運動でちょうどいいよ!

購入後1年間の保証がある(返品交換経験あり)

FITBOX LITEには、購入後1年間の交換保障が付いており、365日カスタマーサポートも用意されています。

そして、私は1度だけ商品本体に起因する故障が発生して返品交換を経験しています。

これに関しては、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

さくちょ
さくちょ

サポートセンターは対応がとても素早くていねいで好印象でした!また故障しても、FITBOX LITEを選びたいと思わせる、すばらしい対応ですよ!

FITBOX LITEのデメリット3つ

私にとっては文句なしのFITBOX LITEですが、残念ながら100点ではないんです。

私が長く使っているうえで、気になったデメリットは次の3つとなります。

  1. タブレットをおく場所が小さい
  2. マシンが汗でベチャベチャになる
  3. まぁまぁ重くて一人で組み立てるのは大変

これも一つずつ説明していきますね。

タブレットをおく場所が小さい

FITBOX LITEで運動しながら動画をみるためには、ハンドル部分の中央にあるタブレット置き場にタブレットやスマホを置くのですが…

タブレットをおく場所が幅20センチしかなくて狭すぎるんです…

大きいタブレットを持っている人は要注意です。

なお、スマートフォンは全然問題なく置くことができますのでご安心を!

タブレット左側はハマっていません
タブレットはハマっておらず浮いています
さくちょ
さくちょ

とは言え、僕はこの状態でも落ちないから全然気にならないんですけどね。

マシンが汗でベチャベチャになる

FITBOX LITEで20分以上運動していると汗が大量に流れてきます。(個人差はあります)

頭にタオルを巻けばある程度は対処できるのですが、全身からあふれ出す汗はカラダからマシンに向かって垂れ流れる…

さくちょ
さくちょ

マシンが水浸しになって壊れるんじゃないかと心配になりました…。

この心配については、こちらの自転車汗取りパッドを装着することでかなり防げます。

これからFITBOX LITEを購入する人、またはすでに購入済みだけど汗対処に困っている人は、参考にどうぞ。

まぁまぁ重くて一人で組み立てるのは大変

FITBOX LITEは上の画像の通り、オシャレなダンボールに入って運ばれてくるのですが、まぁまぁ重たいです。(製品重量26kg、梱包重量31kg)

説明書がていねいなので、公式サイトに書かれる通り約20分で組み立てることはできるのですが、けっこう大変でした。

また、商品付属品の工具は小さいので、トルクレンチやソケットを持っていれば楽に組立てられますよ。

さくちょ
さくちょ

僕は故障による1回返品交換しているので、組立て2回と分解・梱包1回を経験していますが、大変でした…。

とは言え、1度組み立ててしまえば、前輪部分に装着されたキャスターで楽に移動できます。

安全な広い部屋で組み立ててから、使用する場所へ持ち運ぶのはまったく問題ないでしょう。

FITBOX LITEはこんな人におすすめ

FITBOX LITEを1年以上使っている私が全力でおススメできる人は、次の3つに当てはまる人ですね。

FITBOX LITEはこんな人におすすめ!
  • 動画を見ながら楽しく運動したい人
  • 家で気軽に運動して健康維持したい人
  • インテリアになじむトレーニングマシンを探している人

1つずつ解説していきましょう。

動画を見ながら楽しく運動したい人

私は「好きな動画を見て運動したい!」という理由でFITBOX LITEを購入するのは全然アリだと思います。

ゴロゴロ寝転がりながらただ動画を見るより、その時間で運動も兼ねることができるなんて、めちゃくちゃ効率高いと思いませんか?

さくちょ
さくちょ

僕はFITBOX LITEで運動しているとき、動画学習サービスUdemy(ユーデミー)の講座を受けています。

家で気軽に運動して健康維持したい人

FITBOX LITEがあれば、ちょっとの時間でも気軽に運動することができるんです。

  • コーヒー飲む 湯沸かしタイムに FITBOX LITE
  • カップラーメン 待ち時間3分 FITBOX LITE
  • 朝起きて 眠気覚ましに FITBOX LITE
さくちょ
さくちょ

なんだか俳句みたいになりました(笑)

「前傾姿勢がツラいんじゃない?」と思う人にイチオシポイント!

「FITBOX LITE」は、自転車みたいに身長に合わせてサドルの高さが変えられるのと合わせて、上の画像のようにハンドル高さも変えられます。

ハンドルの高さを高い位置で固定すれば前傾姿勢にならないので、本当に気軽に乗ることができますよ!

インテリアになじむトレーニングマシンを探している人

これに関しては、ここまでにたくさん画像を掲載したので、上に戻りながら見直してみてください。

これもくり返しとなりますが、めちゃくちゃカッコいいと思いませんか?(笑)

お洒落なインテリアにスッとなじむし、スタイリッシュ感が出て空間がグッと引き立ちますよ!

FITBOX LITEはこんな人にはイマイチかも

これに関しては次の2つに当てはまる人でしょう。

FITBOX LITEはこんな人にはイマイチかも
  • 本格的に運動したい人
  • 身体がとても大きい人

本格的に運動したい人

FITBOX LITEは健康維持を目的とした、比較的軽めに運動したい人に向いています。

体を追い込む激しいトレーニングをしたい人は、「FITBOX」「FITBOX PRO」を選んだほうが良いかもしれません。

また、マグネット負荷式で熱がこもるため、連続最大使用時間は90分とされています。

もっと長時間のサイクルを望む方は、摩擦式負荷調整システムのスピンバイクを選ぶと良いでしょう。

身体がとても大きい人

FITBOX LITEの適用身長は145-185cm、耐荷重は100kgです。

これよりもっと身体が大きい人は、安全面を考えておススメできません。

まとめ:FITBOX LITEで楽しい運動習慣を身に付けよう

今回の記事では、マグネット負荷式のスピンバイク「FITBOX LITE」を徹底レビューしました。

いかがだったでしょうか。

くり返しとなりますが、FITBOX LITEは次のような人にピッタリのトレーニングマシンです。

FITBOX LITEはこんな人におすすめ!
  • 動画を見ながら楽しく運動したい人
  • 家で気軽に運動して健康維持したい人
  • インテリアになじむトレーニングマシンを探している人

運動習慣を身に付けると、ココロもスッキリ晴れやかになります。

これに関しては、こちらの記事で詳しく書きましたので、本記事とあわせて読んでください。

運動習慣は忙しい日常生活の中で、無理なく身に付けたいですよね。

FITBOX LITEはそんな希望を叶える最高のトレーニングマシンです。

私はFITBOX LITEを購入してから、カラダもココロも健やかな生活を手に入れました。

運動不足で悩んでいる人は、ぜひあなたの家にFITBOX1台いかがですか?

今回の記事はここまでです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次
閉じる