\ 楽天ポイント最大10倍! /

500円でOK!ブログ半外注化の方法(外注募集例のテンプレート無料配布中)

すごい人
すごい人

ブログは外注化せず、すべて自分一人で書くべきですよ。

そ、そうだよな!(でも、自分一人で書くのに限界を感じている…ネタ切れで更新は滞っているし…ちょっとだけでも誰かに手伝って欲しい!

こんな人は、500円(ワンコイン)で『ブログ半外注化』に挑戦してみませんか?

さくちょ
さくちょ

こんにちは、さくちょです!
僕も基本的にブログ記事をすべて自分で書きたいタイプです。

とは言え、一人ですべて作業するのがツラいこともありますよ…

(副業だから時間ないし、文章考えるの大変だし、公開してもアクセス増えずヘコむことあるし…)

そんなとき、記事の一部をたった500円で外注化しつつ高品質な記事がカンタンに作れる―名付けて「ブログ半外注化」の方法を知っておくと便利です。

「ブログ半外注化」で記事を作成するメリットは次の通り。

ブログ半外注化のメリット3つ
  • 書き手に専門技術はいらないから、単価を下げてもたくさん応募が集まる
  • 記事構成を工夫することで、読者・Googleの両方に評価される記事が作れる
  • 外注先とコミュニケーションを取る必要なし(募集後は放置OK)

ブログ記事をすべて作ってもらう外注化は上記3つが難しく、それなのに外注先からやっと記事を受け取っても「あれ、何か違う…」と結局苦労するケースが大半。

でも、今回紹介する「ブログ半外注化」の方法なら、初心者でもカンタンにできちゃうマル秘テクニックです。

ただし、自分が全く手を動かさず記事を量産できる方法ではないのでご注意を。

いつまでも「ブログはすべて自分一人で書くんだ」と固い頭のままでは成長できません。

頭を柔らかくしてレベルアップしたい人は、このまま記事を読み進めてください。

なお、今回紹介する方法はクラウドワークスを使います。

「クラウドワークスって何?登録・使い方が分からない」という人はコチラの記事を先に読んでください。

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー
  • ブログで月5桁稼いでいます
  • 国家資格「技術士(建設部門)」と副業の民間資格3つ保有
  • スピンバイクで運動しながら動画学習するのが日課
  • プロフィールはコチラ/Twitterやってます
こんにちは!

もし収益化で悩んでいるなら、コチラの記事【完全保存版】副業ブログで月3万円を稼ぐ収益化ロードマップがオススメです。

この記事の目次

ブログ半外注化の基本型式|共感記事を集めて教育コンテンツを作る

今回紹介する「ブログ半外注化」で作成する記事の基本型式は、↓こんなイメージです。

さくちょ
さくちょ

ずばり、多くの人に「共感記事」を書いてもらうのです。

ブログ半外注化の基本的な作業手順は、こんな感じの3ステップ。(詳しいことは、このあと説明します)


STEP
クラウドワークスでたくさんの共感記事を集める
  • 本人のエピソード書いてもらえば良いだけ
  • 書き手にライティング技術やSEO知識は一切不要
  • だから、単価を安くしても多くの応募が集まる

Search Engine Optimization:「検索エンジン最適化」のこと

STEP
集めた共感記事に対して教育記事を作る
  • 自分の専門知識を生かしたワンポイントアドバイスのようなコメントを書く
STEP
リード文とまとめを書いて完成
  • リード文に信ぴょう性を入れると記事の質がグッと高まる

一度この型式による記事の作り方を身に付けてしまえば、次々と高品質な記事が作れるようになります。

さくちょ
さくちょ

記事のネタ切れに困ることもなくなります。

ブログ半外注化の基本型式で作成する記事は評価されやすい(理由は2つ)

先ほど紹介したブログ半外注化の基本型式で作成する記事は、読者からもGoogleからも高く評価されやすいんです。

その理由は次の2つ。

  1. 「共感記事」は多くの共感や同調を生む → 読者から高く評価されやすい
  2. 「教育記事」は権威性が発揮できる → Googleから高く評価されやすい

1つずつ解説していきましょう。

「共感記事」は読者から高く評価されやすい

共感記事とは、次のような感情を生む文章です。

  • やはりそうなんだ(共感したい)
  • みんな同じなんだ(安心したい)
  • そんな事あるんだ(納得したい)
さくちょ
さくちょ

こういう共感・同調できる言葉や文章に、多くの人は価値を感じます。

たとえば特に女性の場合だと、こんな感じに共感してもらうだけで、ストレス発散になって十分満足する人が多いんです。

話し役
話し役

うちの旦那って、家事も子育ても手伝わなくてイライラするんだよね~

聞き役
聞き役

めっちゃわかるー!うちの旦那も同じだよー!

これは文章に置き換えても同じ。

書き手(↑の例だと話し役)は文章を書くことでストレス発散になるし、読者(↑の例だと聞き役)はその言葉・文章を読むと価値を感じます。

こういう価値ある共感記事って、本人のエピソードや失敗談など、ごくごく日常的な出来事なんですよね。

つまり、書き手にライティング技術もSEO知識も一切不要

さくちょ
さくちょ

だから、記事作成を募集すれば単価が安くてもたくさん応募が集まる訳なんです。

「教育記事」はGoogleから高く評価されやすい

その共感記事に対して、悩み・不安を解決できる教育記事を書けば、あなたの専門性や権威性、信頼性がグッとUPします。

この専門性(Expertise)・権威性(Authoritativeness)・信頼性(Trustworthiness)の頭文字3つを取った「EAT」はSEO評価に欠かせない最重要ポイントです。

さくちょ
さくちょ

その根拠として、Googleの品質評価ガイドラインでは、「EAT」という言葉が全175ページ中137回も登場します。

しかも、リード文に信ぴょう性を入れると離脱率は下がって評価はさらにアップ

リード文に記事の信ぴょう性を入れると、読者の離脱率(ブラウザの「戻る」を押して他のサイトに移る)を下げることができます。

たとえば、同じテーマの記事で次のリード文3つがあるとします。

あなたはどの記事を読み進めたいですか?

記事A

ダイエットを続けられない理由5つを紹介します。

記事B

いまは-10kgのダイエットに成功した私が、過去に何度もダイエットに挫折してしまった理由5つを紹介します。

記事C

スポーツジムのインストラクター歴10年で会員100名をサポートしてきた私が、これまでダイエットに挫折した人を振り返ると…大きく5つの理由があると分かりました。

統計データ数は多ければ多いほど、その記事の信ぴょう性が高くなります。

つまり、できるだけ多くの共感記事を集めることが重要

さくちょ
さくちょ

くり返しですが、共感記事は書き手にライティング技術もSEO知識もいらないので、この部分を外注化すれば、安くカンタンに多くの共感記事を集められます。

たった500円(ワンコイン)でOK!半外注化を活用した記事構成の例3つ

ここでは、これまで説明したブログ半外注化の記事構成例を3つ紹介します。

どの事例でも、たった500円の予算で良質な共感記事がたくさん集まること間違いなしです。

さくちょ
さくちょ

どんなジャンルの記事でも応用できるので、ぜひ参考にしてください。

構成例1:狙いたいキーワード「ダイエット 失敗 理由」

まず一つ目として、ダイエットブログの構成例を考えてみました。

STEP
共感記事の募集

あなたが失敗したダイエットのエピソードを150文字以上書いてください。【20円×25件=500円】

STEP
教育記事の作成

集まった共感記事の統計をまとめて、ひと言ずつアドバイスを書いていく。

STEP
リード文とまとめを書いて完成
さくちょ
さくちょ

これが一番スタンダードなブログ半外注化の事例です。

構成例2:狙いたいキーワード「〇〇 オススメ ランキング」

次は比較的どんなブログジャンルでも取り入れやすいランキング形式の記事構成例です。

あらかじめ選択項目を設定し、そこから選んでもらった上で共感記事を書いてもらいます。

STEP
共感記事の募集

次の①~⑦の中からあなたが購入した商品を選択し、その購入理由を100文字以上書いて教えてください。【10円×50件=500円】

※あらかじめ7つの選択肢を用意しておく

STEP
教育記事の作成

集まったデータをグラフにまとめてランキングを作り、一つずつコメントや解説記事を入れていく。

STEP
リード文とまとめを書いて完成
さくちょ
さくちょ

教育記事とは少し違いますが、回答数が集まれば集まるほど、ランキングの信ぴょう性が増しますよね。

構成例3:狙いたいキーワード「TOEIC 600点 コツ」

教育記事の部分を外注化して記事を作成すれば、ノウハウ系の記事を作ることだってできます。

STEP
教育記事の募集

あなたが「TOEICで600点以上を獲得するためのコツはこれだ!」と思うことを400字以上書いてください【50円×10件=500円】

STEP
教育記事の補足

集まった回答をカテゴライズして、一つずつ意見や称賛メッセージを書いて良く。

STEP
リード文とまとめを書いて完成
さくちょ
さくちょ

あなたも回答者と同等の知識・スキルを持っていることが前提ですよ!

すぐ使える!多くの外注が集まる募集文章テンプレートを無料配布

ここまでに、多くの共感記事を安くカンタンに集められるとお伝えしてきました。

理由は、書き手にライティング技術もSEO知識も不要で「誰でも書ける」からでしたね。

でも、多くの共感記事を安くカンタンに集められるのは「しっかり仕事内容の伝わる募集案内ができていること」が大前提です。

さくちょ
さくちょ

仕事内容が外注さんに伝わらないと、そもそも応募が集まらないし、全然違う回答が届いてしまう可能性もあります。

でも、ご安心ください。

外注募集文章の完璧なテンプレートをご用意いたしました。

\外注募集文章のテンプレート/

上記テンプレートは、↓コチラのボタンからPDFデータを無料ダウンロードできます。

\無料ダウンロードしちゃって!/

クリックするとPDFファイルが表示されます

さくちょ
さくちょ

勧誘も何もありません。
ご不明点はTwitterのDMから相談してください。

クラウドワークスで仕事を発注する方法が分からない人は、↓コチラの記事を参考にしてくださいね!

まとめ:ブログ半外注化のテクニックを習得してどんどん記事を書こう

今回の記事では、ブログ記事の一部をたった500円の予算で外注化する「ブログ半外注化」の方法を解説しました。

さくちょ
さくちょ

最後にもう一度ポイントを復習しましょう!

まず「ブログ半外注」で記事を作成するメリットは次の通り。

ブログ半外注化のメリット3つ
  • 書き手に専門技術はいらないから、単価を下げてもたくさん応募が集まる
  • 記事構成を工夫することで、読者・Googleの両方に評価される記事が作れる
  • 外注先とコミュニケーションを取る必要なし(募集後は放置OK)

そして、ブログ半外注化の基本型式は↓コチラの通りです。

さくちょ
さくちょ

共感記事はその人のエピソードや失敗談を書いてもらえばOK。ライティング技術もSEO知識もいらないため、単価を下げてもたくさん記事が集まります。

ブログ半外注化の基本型式は次の2つが強みです。

※クリックすれば理由を説明部分にスクロールします。

ブログ半外注化の構成例を知りたい人は、コチラの3例からどうぞ。

※クリックすれば構成例の解説部分にスクロールします。

ブログ半外注化を成功させるポイントは、共感記事を書いてもらう外注さんをたくさん集めることです。

多くの外注さんが集まる募集文章のテンプレートは、↓コチラのボタンをクリックして入手してください。

\無料ダウンロードしちゃって!/

クリックするとPDFファイルが表示されます

クラウドワークスで仕事を発注する方法が分からない人は、↓コチラの記事を参考にしてくださいね!

それでは、今回の記事はここまでです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次
閉じる