\ 楽天ポイント最大10倍! /

【体験談】CocoonからSWELLに変えると収益が上がるたった1つの理由

多くのブロガーが使っている無料のWordPressテーマ「Cocoon」

私もブログをはじめた当初はCocoonを使って記事を書いていました。

私がブログ運営者50名に独自アンケート調査を実施したところ、6割以上の人がCocoonを使用していることがわかりました。

ところで、しばらくCocoonを使っていると、↓こんなこと考えてしまいませんか?

  • 記事を書いても全然稼げない…もしかしたら有料テーマに変えれば稼げるようになるのかな?
  • でもテーマ移行は大変だって聞くし、いま公開中の記事デザインが崩れてるのは嫌だな…
さくちょ
さくちょ

こんにちは、さくちょです!
ブログ8ヶ月目でCocoon→SWELLに変えたらガツンと収益が上がりました。

この記事では、私がCocoonからSWELLに変更した理由や、テーマ移行に伴うデザイン崩れを乗り越える丸秘テクニックを紹介します。

この記事を読めば、CocoonからSWELLに変えることで収益が上がる理由がバシッと分かるようになりますよ。

この記事の内容
  1. CocoonからSWELLに変えると収益が上がるたった1つの理由
  2. 私がCocoonからSWELLに変えた理由3つ
  3. テーマ移行に伴うデザイン崩れを乗り越える丸秘テクニック
  4. 私がオススメするSWELLの機能5つ
  5. CocoonからSWELLへの移行方法

もう私は、SWELL以外のWordPressテーマを考えられません。

\圧倒的な使いやすさを誇るWordPressテーマ/

↑洗礼されたステキな公式サイトも見てほしい↑

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー
  • ブログで月5桁稼いでいます
  • 国家資格「技術士(建設部門)」と副業の民間資格3つ保有
  • スピンバイクで運動しながら動画学習するのが日課
  • プロフィールはコチラ/Twitterやってます
こんにちは!

もし収益化で悩んでいるなら、コチラの記事【完全保存版】副業ブログで月3万円を稼ぐ収益化ロードマップがオススメです。

この記事の目次

SWELLとは?|圧倒的な使い心地を追求したWordPressテーマ

SWELLは「シンプル美と機能性の両立-圧倒的な使い心地を追求する-」をコンセプトとしたWordPressテーマです。

特に「使いやすさとデザイン性」が洗礼されており、SWELLは次の3つを目指しています。

SWELLが追求する理想像
  • ストレスのない快適な使い心地
  • 思い通りのコンテンツが簡単に作れる楽しさ
  • 見るたびに気分が上がるデザイン性
さくちょ
さくちょ

まさに、WEBサイト運営者目線のユーザーファーストで作られたWordPressテーマです。

SWELL公式サイトにデモサイトが用意されていますので、興味のある人はご覧ください。

↓コチラの画像からデモサイトにリンクできます↓

SWELL DEMO 01
SWELL DEMO 02
SWELL DEMO 03
SWELL DEMO 04
SWELL DEMO 05
SWELL DEMO 06

値段は17,600円(税込)とやや高め。

それでも、この感動の使い心地を一度経験したら、「値段以上の価値を永遠に手に入れた」と実感できるでしょう。

\圧倒的な使いやすさを誇るWordPressテーマ/

↑洗礼されたステキな公式サイトも見てほしい↑

CocoonからSWELLに変えると収益が上がるたった1つの理由

でも、テーマをSWELLに変えるだけでは収益化につながらないよね?

こんな声が聞こえてきそうです。

ずばり、WordPressテーマをCocoonからSWELLに変えると収益は上がります。

↓コチラは私のブログ収益の推移を示したグラフになります。

さくちょ
さくちょ

テーマをCocoonからSWELLに変えたら収益がグイッと上がりました。

なぜ、WordPressテーマをSWELLに変えるとブログ収益は上がるのか――

それは、SWELLに変えると記事作成に一点集中できるようになるからです。

ここはしっかり掘り下げて解説していきましょう。

SWELLなら直感的な操作でオシャレなデザインにできる=記事執筆に集中できる

SWELLを使えば、ブログ初心者でも特に複雑な操作をしなくても、ある程度のクオリティまで持っていけます。

つまり、ほとんどデザインを気にする必要が無くなるのです。

例えばSWELLなら、↓コチラの動画のように、右サイドバーからパッと見で分かる記事装飾が選べます。

一方Cocoonだと、↓こんな感じで毎回装飾ブロックを選ぶ必要があるし、リストから装飾を選択しないと装飾イメージが分からないんです。

さくちょ
さくちょ

だからSWELLはCocoonに比べてサクサク記事が書けるんですよ!

無料テーマのCocoonを使っていると陥りやすい負のループ

Cocoonを使っていると、こんなことありませんか?

  1. 有料テーマみたいなオシャレなデザインにしたいな
  2. ネットで検索すればカスタムできる情報が見つかるはず
  3. (思うようなカスタム方法が見つからない…)
  4. やっと見つけた情報をマネてCSS/HTMLいじったらデザイン崩れちゃった…
  5. ヤバい…どうやって直せばいいんだ…(以下、2~5をくり返す)
さくちょ
さくちょ

コレ、完全に昔の僕のことでした。。

特に知識のない人が「functions.php」を変更すると、最悪の場合は画面が真っ白になって、取り返しのつかないことになる恐れがあります。

ブログで収益化を目指すなら「記事作成に一点集中できるか」がカギ

もちろんブログのデザインは大事。

でも、ブログで収益化を目指すなら「いかにストレスフリーで記事を仕上げることだけに集中できるか」の方が大事です。

さくちょ
さくちょ

収益化にこだわるなら、特にブログ初心者のうちはデザインより執筆スピードにこだわるべきなのです。

厳しいこと言うと、ブログではやく収益を上げたいなら、ネットであちこち調べてリスク覚悟でCSS/HTMLをいじるといった、デザインにこだわり続ける時間はもったいない。

SWELLを使えば、デザインが気になりモヤモヤする気分は払拭されて、記事作成に一点集中できるようになります。

以上の理由より、CocoonからSWELLに変えるとブログ収益は確実に上がるという訳です。

私がCocoonからSWELLに変えた理由はただ1つ|心をガシッとつかまれた

『CocoonからSWELLに変えるとブログ収益は上がる』それって結果論でしょ!

確かにその通り。

私は記事作成に一点集中して、ブログ収益を上げるためにSWELLに変更したのではありません。

私がCocoonからSWELLに変えた理由はただ1つ――

↓コチラのSWELL公式動画を見て、心をガシッとつかまれたからです。

さくちょ
さくちょ

まさに「衝撃的」のひと言でした。

有名どころのWordPressテーマなら機能やスペックはどれも似たり寄ったり

この動画を見たのは、ちょうど有料テーマが気になり始めていろいろ調べている時でした。

よく有料テーマに変えると「SEOに有利」や「サイトスピードが改善される」など見かけますが、正直有名どころのテーマなら、機能やスペックはどれも似たり寄ったりです。

さくちょ
さくちょ

SEOやサイトスピードはテーマではなく記事の質・内容に左右されるので、ブログ初心者はあまり神経質になって比較しなくても良いと僕は考えています。

直感的に「コレがいい!」と感じたテーマを選べばよい

以上より、WordPressテーマは直感的に「コレがいい!」と感じたものを選べばよいでしょう。

とは言え、確かに高機能すぎて記事を書く上でジャマになるテーマがあるのも事実。

ブログで収益化を目指すなら、次のWordPressテーマ3つから選べば間違いないです。

スクロールできます
テーマ料金メリットデメリット
SWELL17,600円圧倒的に使いやすく初心者~上級者まで幅広く使える
複雑な設定をしなくてもデザイン性が高い
初心者でも簡単で直感的に操作できる
平均的な有料テーマに比べて値段が高い
AFFINGER614,800円多くのブロガーが使っているため、ネット上に情報が多い
カスタマイズできる項目が多い
収益化をサポートする機能が充実
カスタマイズ項目が多すぎて初心者には使いにくい
THE THOR16,280円収益化をサポートする機能が充実
カスタマイズできる項目が多い
スマート機能(絞り込み検索機能)が魅力的
カスタマイズ項目が多すぎて初心者には使いにくい

その上で、SWELLならブログ初心者でもデザインを気にせず記事作成に一点集中できるので、かなりオススメします。

\デザインを気にせず記事作成に一点集中できる/

↑洗礼されたステキな公式サイトも見てほしい↑

もっと詳しくテーマを比較したいなら

その場合は↓コチラのサイトがとても参考になります。

テーマ移行に伴うデザイン崩れを乗り越える丸秘テクニック|Localを活用

先ほど掲載したSWELL公式動画を見て心をゆれ動かされながら、それでも私が心に引っかかったモヤモヤは↓コレ。

テーマを変えることで、公開中の記事デザインが崩れるのは嫌だ…!

さくちょ
さくちょ

デザイン崩れにより、せっかくサイトを訪れてくれた読者を失うきっかけになるのが嫌でした…

理想は一瞬でリニューアルしたブログに変更すること。

そうすれば、デザイン崩れによる不快を読者にあたえず、スマートにテーマを移行できますよね。

こんな魔法のような丸秘テクニック、あるんです。

そのテクニックとはLocalを使い、ローカル環境にWordPressをコピーしてテーマ移行作業を裏で進める方法です。

さくちょ
さくちょ

コレができれば、何も心配せず自分のペースでテーマ移行できる…!

詳しく説明しましょう。

はやく「Local」を知りたい人は、「ココ」をクリックすると一気にスクロールできます。

そもそもテーマを変えるとどのくらいデザインが崩れるの?

そもそも「テーマを変えるとどのくらいデザインが崩れるの?」が気になりますよね。

それは、↓コチラの動画を見ていただければ分かります。

※必要に応じて再生速度を調整のうえご覧ください
さくちょ
さくちょ

ほとんどのブロックが崩れています…

SWELLが用意している「乗換えサポートプラグイン」を使っても一部は崩れる

じつはSWELLには、他テーマから乗り換える際のデザイン崩れを最小限にする「乗換えサポートプラグイン」が用意されています。

※SWELLERS’マイページからダウンロード可能

でも残念ながら、「乗換えサポートプラグイン」を使ってもデザインの一部は崩れるんです。

乗換えサポートプラグインを使った場合の、テーマ移行によるデザイン崩れも動画にしました。

さくちょ
さくちょ

元テーマ独自のブロックをHTML変換してデザイン崩れを防いでくれるのですが、背景色やリンクボタンは表示されていません…。

読者ファーストで考えれば、一部のデザイン崩れも見逃せないはず。

プラグインを入れると、サイトが重くなるデメリットもあります。

「乗換えサポートプラグイン」を詳しく知りたい人は、↓コチラからSWELL公式サイトの解説ページをご覧ください。

≫ 【SWELL公式サイト】CocoonからSWELLへ乗り換えるためのサポート用プラグイン

「Local」を使いローカル環境でテーマ移行作業を進めればOK

こんな時に大活躍するのがLocalです。

画像引用:https://localwp.com/

「Local」はWordPressのローカル環境を簡単に構築できるソフトウェア。

環境構築がとても簡単で軽く、Windows/Macでも使えて、しかも無料なんです。

ローカル環境でWordPressをいじる利点は次の通り。

ネット環境からWordPressを切り離しているため、サイトが崩れてもブログ運営にまったく影響ない

「Local」を使えば、ネット上のブログはいつも通り公開しつつ、ローカル環境のWordPressでテーマ移行によるデザイン崩れを修正し、修正が終わったらネット上のWordPressへ一気に反映することができます。

さくちょ
さくちょ

簡単に言えば、「サイトリニューアル中」で読者に迷惑をかけることなく、一気にリニューアルできちゃう感じです。

「Local」の構築方法は、↓コチラのサイトが参考になります。

「Local」はCSS/HTMLの変更や、プラグイン・テーマのバージョンアップ安全性を試したい場面でも有効活用できます。(じつは本番環境でWordPress構築部分をいじるのはとても危険なんです)

私が愛用しているSWELLの便利機能5つを動画で紹介

ここまで読んでいただいた人は、「WordPressテーマをSWELLに変える利点」と「テーマ移行に伴うハードルの乗り越え方」を理解できたはず。

ここでは、私が愛用しているSWELLの便利機能5つを厳選して紹介していきます。

SWELLの便利機能厳選5つ
  • ブロック下の余白量設定
  • リッチカラム
  • アコーディオン
  • ステップ
  • 関連記事
さくちょ
さくちょ

実際の操作動画を載せますので、ぜひ参考にしてください。

ブロック下の余白量設定|記事の読みやすさは余白が命

「余白」を大切にしている私にとって、CocoonからSWELLに移行して最も重宝している機能が「ブロック下の余白量設定」です。

さくちょ
さくちょ

Cocoonではスペーサーを入れて余白を入れるのが手間でした。SWELLの「ブロック下の余白量設定」を使ってから作業効率がガツンと上がりました

リッチカラム|画像や投稿一覧などのブロックを自由に横並べできるスゴイ機能

こんなにサクサク画像の横並びを調整できるなんて…スゴくないですか?

さくちょ
さくちょ

特にサイトトップページをオシャレに作るなら必須機能。パソコン・タブレット・モバイルのそれぞれに最適化できるのもステキ!

アコーディオン|文章が長くなるコアな情報はスリム化すればいい

「知りたい人だけ見てほしい」こんな情報は、アコーディオンに閉まえば記事がスリムになります。

さくちょ
さくちょ

読者の知識レベルに合わせて、「もっと詳しく知りたい人はココをクリック!」という感じで使う場合が多いです。

ステップ|作業手順などを説明する際に無くてはならない、この機能

もう自分で「STEP1,2,3…」と書く必要はない、感動的な機能です。

さくちょ
さくちょ

この記事では、この後の「CocoonからSWELLへの移行方法」でステップを使っています。

関連記事|内部リンクも外部リンクも、ぜんぶコレで繋げばいい

内部リンクは「ブログカード」と「テキストリンク」の使い分けが大事。「関連記事」の機能を使えば、あっという間にリンク形式を変更できます

さくちょ
さくちょ

ちょっと豆知識。「ブログカード」は、それ自体がリンクだと分かっていない人が多いことを知っていますか?リンクは使い分けが大事です。

もっと詳しい機能を知りたいなら

その場合は↓コチラから公式サイトをご覧ください。

CocoonからSWELLへの移行手順

最後にWordPressテーマをCocoonからSWELLに移行する手順を解説します。

さくちょ
さくちょ

5分で終わりますので、サクッとやっちゃいましょう。

それでは、先ほど紹介したSWELL便利機能「ステップ」を使って説明しましょう。

手順
WordPressテーマ「SWELL」を導入する

SWELLの公式サイトから購入します。

リンク先を間違わないよう、コチラからアクセスしてください。

≫ SWELLの公式サイトへアクセスする

手順
SWELL公式サイト右上の「購入する」をクリック
手順
サイト下部までスクロールして「SWELLを購入する」をクリック
手順
必要な情報を入力して「支払う」をクリック
手順
メールが届くため内容を確認してSWELL本体をダウンロードする
※メールが届かない場合は「迷惑メールフォルダ」に仕分けされていないか確認してください。

メール本文に記載される【SWELLダウンロードリンク】をクリックすれば自動的にダウンロードが開始します。

ダウンロードしたデータは後ほど使いますので、分かりやすい場所に保存してください。

手順
もう一度SWELL公式ページにアクセスする

続いて子テーマ(親テーマをカスタマイズするために欠かせないファイル)をダウンロードします。

もう一度コチラからSWELL公式ページにアクセスしてください。

≫ SWELLの公式サイトへアクセスする

手順
SWELL公式サイト右上の「フォーラム」をクリック
手順
ページ右上の「会員登録はこちらから」をクリック
さくちょ
さくちょ

ここはSWELLユーザー限定のサイトで、アップデート情報が配信されたり、SWELLで分からない点など質問できる場となっています。

手順
必要事項を入力して「登録する」をクリック
手順
マイページから子テーマ「swell_child.zip」をダウンロード

「swell_child.zip」をクリックすれば自動的にダウンロードが開始します。

ダウンロードしたデータは後ほど使いますので、分かりやすい場所に保存してください。

手順
WordPress管理画面から「外観→テーマ」をクリック
手順
画面左上にある「新規追加」をクリック
手順
画面左上にある「テーマのアップロード」をクリック
手順
画面中央にある「ファイルを選択」をクリック
手順
メール記載のURLからダウンロードしたSWELL本体を選択
手順
画面中央にある「今すぐインストール」をクリック
手順
手順15~18をくり返して「子テーマ」をインストールする

続いて子テーマもインストールします。

手順はSWELL本体のインストールと同じなので、手順15~18をくり返してください。

手順
SWELLERS’でダウンロードした「子テーマ」を選択→インストール

先ほどSWELLERS’サイトからダウンロードした「swell_child.zip」を選択します。

その後は手順20と同じく「今すぐインストール」をクリックしてインストールしましょう。

手順
「子テーマ」のインストールが完了したら有効化
手順
SWELLユーザー認証をクリック
手順
メールアドレスを入力して「認証リクエストを送信」をクリック

ここで入力するのは、手順13で入力したメールアドレスになります。

手順
ユーザー認証画面に切り替わった後にメールが届く
手順
メール本文に掲載されるURLをクリック→SWELLERS’サイトに移行
※メールが届かない場合は「迷惑メールフォルダ」に仕分けされていないか確認してください。
手順
画面右下のポップアップから「自分のサイトに戻る」をクリック
手順
WordPress管理画面の右上から自分のサイト名をクリック
手順
「さぁ、始めよう。」が表示されていれば完了

まとめ:CocoonからSWELLに変えれば収益は上がります

今回の記事では、私がCocoonからSWELLに変更した理由や、「Local」を使ったローカル環境でのテーマ移行方法を紹介しました。

そして私の実績を見て、CocoonからSWELLに変えることで収益が上がる理由をご理解いただけたでしょう。

無料テーマのCocoonを使っていると、↓このようにモヤモヤする人は多いはず。

  • 記事を書いても全然稼げない…もしかしたら有料テーマに変えれば稼げるようになるのかな?
  • でもテーマ移行は大変だって聞くし、いま公開中の記事デザインが崩れてるのは嫌だな…

有名どころの有料テーマは、どれも機能・スペックとも大差ありません。

直感的に「コレがいい!」と感じたものを選べばOKです。

その上で、SWELLならブログ初心者でもデザインを気にせず記事作成に一点集中できるので、かなりオススメします。

さくちょ
さくちょ

テーマ移行に伴うデザイン崩れは、「Local」を使いローカル環境で作業すれば、読者に迷惑をかけず修正作業を進めることができます。

値段は17,600円(税込)とやや高め。

それでも、この感動の使い心地を一度経験したら、「値段以上の価値を永遠に手に入れた」と実感できるでしょう。

\圧倒的な使いやすさを誇るWordPressテーマ/

↑洗礼されたステキな公式サイトも見てほしい↑

今回の記事はここまでです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次
閉じる