マグネット負荷式スピンバイク「FITBOX LITE」「STEADY ST128」を比較!

スポンサーリンク

さくちょ
さくちょ

こ…こんにちは…。FITBOXを愛する男、さくちょです…。いま浮気しちゃいそうなものを見つけました…ドキドキ

私は1年以上の間、おうちトレーニングマシン「FITBOX LITE」をこよなく愛しています。

しかし…このたび!「FITBOX LITE」のライバルと思える商品を見つけてしまいました。

そして…なんだかこっちの商品のほうがトータルで優れるように思えて仕方ないのです。。。

その名は「STEADY ST128」です。

 この記事はこんな人におススメ
  • 家でのトレーニングマシン購入を検討中の人
  • その中でもスピンバイクを買おうと考えている人
  • 「FITBOX LITE」と「STEADY ST128」で迷っている人

今回は、マグネット負荷式スピンバイク「FITBOX LITE」と STEADY ST128」を本音ベースで比較します!

はてな君
はてな君

ちょっと待って、そもそも「FITBOX LITE」や「STEADY ST128」ってなに?

FITBOX LITE」と 「STEADY ST128」はスピンバイクの商品名です。

スピンバイクとは、おうちの中で自転車をこぐようにエクササイズできるトレーニングマシンのこと。

詳しくはこちらの記事に書いてありますので、ぜひ参考にしてくださいね。

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)/

マグネット負荷式スピンバイク「FITBOX LITE」「STEADY ST128」を比較!

まず前提として、今回とりあげる「FITBOX LITE」と「STEADY ST128」は、こんな人に向いているスピンバイクです。

  1. エントリーモデルとして必要な機能がそろったもの
  2. 4万円以下のできるだけ安価で性能がいいもの
  3. 家におくトレーニングマシンとしてデザイン性にすぐれるもの
  4. マグネット負荷式で静音性にすぐれているもの
  5. 運動不足解消や健康維持といった気軽なトレーニングに適するもの

このうち❹について補足しますね。

スピンバイクの負荷方式には「摩擦式」と「マグネット式」の2種類あります。

それぞれにメリット・デメリットがあり、今回は「マグネット式」に絞った商品2つの比較となります。

負荷方式摩擦式マグネット式
今回の紹介はコッチ!!
負荷方式の概要ホイールに直接フェルト生地や革を当てて負荷をかける方式ホイールに磁石を近づけることで負荷を与える方式
メリット無段階で細かい負荷が調節できる
シンプルな作りで耐久性がある
長く運動ができる
とても静か
運動量が数値化できる
 摩擦による劣化がない
デメリット摩擦音がする
消耗したら交換が必要
運動量が数値化できない
継続使用時間に制限がある
重さが安定しない場合がある
摩擦式に比べるとやや高価
(参考)
向いている人
筋トレ上級者
自転車競技者
初心者

基本性能の比較

はじめに「FITBOX LITE」と「STEADY ST128」の基本性能を比較してみましょう。

商品名FITBOX LITE STEADY ST128
イメージ画像

対応身長145-185㎝148-185㎝
耐荷重100kg125kg
連続稼働時間90分100分
製品重量
(梱包重量)
26kg
(31kg)
25kg
(26kg)
製品サイズ
(梱包サイズ)
930x430x1070mm
(890x250x760mm)
1010x520x1000mm
(1130x230x800mm)
サドル高さ調整7段階8段階
サドル移動調整前後に6㎝前後に6㎝
ハンドル高さ調整5段階5段階
モニターなしあり
(心拍数/消費カロリー/距離など)
タブレット置き場1箇所2箇所
(スマホ / タブレット)
カスタマーサポートありあり
保証期間1年間
(商品本体に起因する故障)
1年間
(商品本体に起因する故障)
Amazon評価星4.4/5.0星3.6/5.0
Amazonレビュー数約4,000件100件未満
公式ホームページ詳細を見る詳細を見る

だいたい同じような性能ですが、大きな違いは「モニターの有無」「タブレット置き場の数」「Amazon評価・レビュー数」ですね。

さくちょ
さくちょ

ムッ…!!「STEADY ST128」の方がやや優れていますね~

販売価格の比較

続いて販売価格の比較です。

商品名FITBOX LITE STEADY ST128
イメージ画像

販売価格34,800円29,800円
公式ページ詳細を見る詳細を見る

ご覧の通り、STEADY ST128」のほうが「FITBOX LITE」より5,000円安く販売しています。

さくちょ
さくちょ

ムムッ…!!「STEADY ST128」の方が完全に安い!!

デザイン性の比較

さいごにデザイン性を比較です。

ちなみに、どちらの商品もブラック・ホワイトを取りそろえています。

「FITBOX LITE」はブラックカラーのみとなります。ホワイトカラーを揃えているのは「FITBOX」だけになりますので注意してください。

FITBOX LITE
STEADY ST128
さくちょ
さくちょ

これは完全に好みがわかれますよね。僕は愛用しているFITBOX LITEのほうがカッコいい!!って思っちゃいます。

…ちょっとまってください!!

STEADY ST128」には隠し玉のデザインがあるんです!!

なんと…ストリートファイターで有名な春麗(チュンリー)モデルです!!

さくちょ
さくちょ

な、なんてこった!!しかも、ホイールのイメージはスピニングバードキック!!

「STEADY ST128」が「FITBOX LITE」よりさらに優れる点3つ

ここまで快進撃が止まらない「STEADY ST128」ですが、さらに「FITBOX LITE」より優れる点が3つもあるんです。

  1. 取扱説明書がホームページで見れる
  2. 商品の組み立て解説動画がある
  3. 商品の説明動画がある

1つずつ見ていきましょう。

取扱説明書がホームページで見れる

2つの商品は両方とも組み立て式になっています。

どちらも「簡単な組み立て」と紹介していますが、購入前に公式サイトで取扱説明書で組み立て方法を確認できるメリットは大きいと思います。

「STEADY ST128」の取扱説明書を見てみる。

商品の組み立て解説動画がある

ほんとうに取扱説明書を見れば簡単に組み立てられるのですが(少なくとも「FITBOX LITE」は迷わず組立てられました)、どうしても紙面だと分かり難い部分ってありますよね。

そんなとき、組み立て解説動画があるとよりリアルに把握できて便利です。

商品の説明動画がある

スピンバイク初心者だと、どんな風にトレーニングすべきか分かりません。

自分流でやるのも全然かまわないと思いますが、「こんな風にトレーニングするといいよ!!」という動画があったら有難いですよね。

しかも、現役のプロトレーナーの方たちが丁寧にレクチャーしてくれるんです。

【結論】おうちトレーニングで「STEADY ST128」を買うのはアリ!!

今回は、マグネット負荷式スピンバイク「FITBOX LITE」と「STEADY ST128」を比較してみました。

結論としては、おうちトレーニングで「STEADY ST128」を買うのは全然アリです。

というか、はっきり言って「FITBOX LITE」より「STEADY ST128」の方が優れている点が多いです。

とはいえ、「FITBOX LITE」はAmazon評価件数が4,000件近くあるなかで、星4.4の評価を得ている実績と安心感はまちがいありません。

また、こちらの記事に書きましたが、「FITBOX LITE」は故障時におけるカスタマーサポートの対応がスムーズかつスピーディーという私の実体験もあります。

私は「FITBOX LITE」ユーザーとして今後も愛用しつづけますが、もし1年の保証期間が終わった後に故障してしまったときは、「STEADY ST128」が有力な選択肢の1つになることは間違いなさそうです。

さくちょ
さくちょ

浮気じゃないですよ!「いい商品」は「いい商品」として全力でおススメします♪

\ブログ村に参加しています!/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました