\ 楽天スーパーセール開催中! /

EdrawMaind(エドラマインド)便利すぎ!副業ブログにオススメの理由3つ

あみぃ

副業ブログにオススメのマインドマップツールを知りたい!なるべく無料で使いたいけど、便利なら有料版も検討したいなー。

このような悩みを持つ副業ブロガーに向けて、マインドマップツールEdrawMaind(エドラマインド)の導入を提案します。

この記事を読んだら得られること

この記事を読めば、なぜエドラマインドが副業ブログに最適なのかが理解できるようになります。

私は今までブログで150記事以上を書いて、月10万円以上の副業収益を達成しました。

さくちょ

僕はマインドマップツール「エドラマインド」の有料版を使って、ブログの記事構成をほとんど組み立てています!

\マインドマップってこんなやつ/

EdrawMind(エドラマインド)で作ったブログ記事構成のマインドマップ
この記事もエドラマインドで構成を作りました!

先に言っておくと、エドラマインド以外にも人気のマインドマップツールはあります。

その中でも私は、副業ブログを運営する会社員なら「かゆい所に手が届く」エドラマインドをオススメします!

この記事では、人気マインドマップツール5つとの比較も行いました。

この記事を読んで少しでもエドラマインドが気になった人は、「無料版」を今すぐ使ってみてください。

\副業ブロガーにオススメのマインドマップツール!/

無料版でも十分使える!まず試してみて!

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー
  • ブログで月5~6桁稼ぐ人
  • 国家資格と副業の民間資格3つを保有
  • スピンバイク×動画学習が日課
  • プロフィールはコチラ/Twitterやってます
こんにちは!
EdrawMind(エドラマインド)
総合評価
( 5 )
メリット
  • ツール画面が見やすい
  • オフラインで使える
  • クラウドにデータ保存できる
  • 有料版はサブスクと買い切りを選べる
デメリット
  • 無料版は1マップ100項目までしか作れない
  • 他ツールより知名度がやや低い

この記事の目次

EdrawMind(エドラマインド)を副業ブログにオススメする理由3つを解説

私が副業ブロガーにエドラマインドをオススメする理由は、次の3つです。

あみぃ

んー気になる!分かりやすく教えてね!

さくちょ

まかせて!1つずつ解説していくねー

理由1:ツール画面が見やすい|Microsoft Office系ソフトと見た目が似ている

ツール画面が見やすく分かりやすいので、直感的に操作できます!

EdrawMind(エドラマインド)のツール画面
画面上メニュー表示(リボン)が大きくて見やすい!

エドラマインドのツール画面は、Microsoft Office系ソフトの見た目に近いと私は感じています。(画面上リボンにツールが並んでいる感じなど)

副業でブログを運営する会社員なら、使いなれたOffice系ソフトと同じ感覚でエドラマインドを使えますよ♪

さくちょ

もちろんOffice系ソフトを普段使いしない方でも、エドラマインドなら他ソフトよりツール画面が見やすく分かりやすいと感じるはず!

\Office系ソフト画面と見比べてみて!/

スクロールできます
EdrawMind(エドラマインド)のツール画面
これがエドラマインドの画面
これがエクセルの画面
これがワードの画面

※画像はクリックすれば拡大できます


【ココ見て!】人気マインドマップツール5つと操作画面を比べてみました

見やすさ・分かりやすさは個人差がありますよね。

ということで、私は次の「人気マインドマップツール5つ」を実際に使い、操作画面を動画で撮影しました。

実際に使ってみた人気マインドマップ5つ
  • EdrawMaind(エドラマインド)
  • Xmind 8(エックスマインド8)
  • Xmind 2022(エックスマインド2022)
  • MindMeister(マインドマイスター)
  • MindMup2(マインドマップ2)
さくちょ

このマインドマップツール5つは、私がクラウドワークスを使って独自に行った人気投票でTOP5のツールです!

タブを切り替えてご覧ください

あみぃ

それぞれのツールによって見た目が違う!操作性も違うんだろうなー

さくちょ

操作パネルが英語表記のMindMup2は、英語がニガテな僕にとって使い難くて困ったよ…。


本記事の後半では、人気マインドマップツール5つの比較も掲載していますよ!

≫ 人気マインドマップツール5つの比較を見る

↑目次へ戻る

理由2:オフラインでも使える|Wifiにしばられないストレスフリー

エドラマインドはパソコンにインストールできるので、オフライン環境でもサクサク使えます。

自宅外でパソコン作業するとき、ネット環境が必須だと僕はこんな経験あります。。

  • ポケットWifiの充電が切れちゃった…
  • 郊外に行くと公共Wifiが見つからない…
  • ホテルのWifiが弱くてネットに繋がらない…

こんな状況でも、エドラマインドならオフラインで作業できるから心配なし!

さくちょ

Wifiを気にせず作業できるのはストレスフリーです!


【ココ見て!】エドラマインドはウェブ版も使えちゃう!

エドラマインドは、インストール版以外にブラウザ上で動くウェブ版も用意されていますよ!

\ウェブ版のエドラマインドはこんな感じ/

インストール版より動作はやや遅い
さくちょ

デバイスに依存せず使えるのは嬉しいポイント!Chromebookやタブレットでも使えますよー!

↑目次へ戻る

理由3:クラウドにデータ保存できる|2台のパソコン間をシームレスに同期可能

エドラマインドはデータをクラウドに保存できるから、自宅と外出先で別のパソコンを使う人は超便利!

会社勤めの副業ブロガーなら、ブログ用・仕事用でパソコンを2台使い分けている方もいるでしょう。

エドラマインドなら、クラウド上にマインドマップのデータを保存するだけで、2台のパソコン間をシームレスに同期できるんですよ!

\独自のクラウドにデータ保存できる/

EdrawMind(エドラマインド)はクラウドにデータ保存できる
クラウドに保存すれば複数デバイスで使える!
さくちょ

エドラマインドなら、仕事のスキマ時間にこっそりブログ構成を考え、帰宅後にブログ用パソコンでその続きをやることも可能!

↑目次へ戻る

ブログ記事を書くだけならEdrawMind(エドラマインド)無料版で十分

エドラマインドは無料版でもかなり多機能!使えるマインドマップの数に制限はありません

エドラマインドの「無料版・有料版」による大きな違いは、次の通り。

比較項目 エドラマインド
無料版
エドラマインド
有料版
作れる項目数100個まで無制限
クラウド容量10MB10GB
作れるシート数2つまで無制限
画像・PDF出力ロゴ透かしあり無制限

もっと詳しく知りたい方は公式サイト「フリー版と有料版の機能比較表」をご覧ください。

無料版の制限で特に気になるのは次の2つ。

あみぃ

そう、この2つが気になったけど…本当に無料版で十分?

さくちょ

ブログの記事構成をマインドマップで作るだけなら問題なし!この後しっかり説明するね!

作れる項目数が100個まで|普通のブログ記事をマインドマップで構築するなら十分

無料版の制限でいちばん大きいのは「作れる項目が100個まで」であること。

とは言え、普通のブログ記事をマインドマップで構築するだけなら100項目あれば十分でしょう。

例えば、この記事はマインドマップ32項目で見出し構成を組み立てました。

EdrawMind(エドラマインド)でブログ記事構成を作成した例

※記事を書きながら適宜構成を見直しているため、マインドマップと本記事で一部異なる部分があります。

さくちょ

僕はブログ記事で最も大切なリード文もマインドマップで考えていますが、それでも100項目あれば十分!


この他にも、↓このツイートに掲載した程度のマインドマップなら、無料版で全然OKですね。

このくらいなら無料版で全然OK

↑目次へ戻る

作れるシート数が2つまで|作成するデータ数を増やせば問題なくカバーできる

「シート」とは、1つのデータ内に作れるマインドマップの数のこと。

無料で使いたいなら、単純にデータ数を増やせば解決できます。

EdrawMind(エドラマインド)のシートの説明
さくちょ

エドラマインドは無料版でも作れるデータ数は無制限!作れるシート数が2つでも全く問題ないですよね!

↑目次へ戻る

私が副業ブログのためにEdrawMind(エドラマインド)へ課金した理由3つ

副業ブログの記事構成を考えるなら、無料版でも十分使えるエドラマインド。

とは言え、私はエドラマインドの有料版(永久ライセンス・プレミアム)に課金しています。

EdrawMind(エドラマインド)の永久ライセンス・プレミアムに課金する理由

僕がエドラマインドの有料版に課金した理由は次の3つ。

あみぃ

えー!?無料でも十分じゃないの!?

さくちょ

僕はマインドマップを使ってやりたいことが広がったから、迷わず課金したんだよ。

課金した理由1:サイト設計も作るなら100項目では足りなかったから

サイト設計など大規模なマインドマップを作るなら、さすがに100項目だと物足りないです。

僕は↓このツイートに掲載したくらい、サイト設計でマインドマップをモリモリに使っています。

ここまで大規模になると有料版が必要

最初は無料の範囲で工夫しながらマインドマップを使っていました。

でも100項目を超える度に↓この画像が出て…「あぁぁー!!」とストレスになっていたんです。。

無料で100個以上の項目を作ろうとすると上画面が出現
さくちょ

もうね、この脚を組んだ緑の男に毎回イライラしていました…!笑

↑目次へ戻る

課金した理由2:有料版でも割と手の届きやすい価格帯だったから

エドラマインドは買い切りタイプの「永久ライセンス・プレミアム」でも、手の届きやすい価格設定です。

エドラマインド有料版の購入プランは以下の通り。

エドラマインド有料版の価格は、他の人気マインドマップツールより安いです!

エドラマインド有料版の購入プラン
画像:Wondershare EdrawMind公式サイト

※予告なく価格変更される場合がありますので、最新情報は公式サイトでご確認ください。

さくちょ

いちばん右の「可視化セット」は、フロー図などを簡単に作れるEdrawMaxとのセット販売です。


エドラマインドを長く使うなら永久ライセンス・プレミアムがお得

エドラマインド有料版には1年間プランもあります。

でもエドラマインドを2年以上使うなら、永久ライセンス・プレミアムがお得です。

使用年数に応じた各プランの料金は下表の通り。

1年目2年目3年目
1年間プラン5,900円11,800円17,700円
永久ライセンス・プレミアム12,900円12,900円12,900円
表中の値段は税込み

※価格やサービス内容は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

さくちょ

しかも、この有料版価格は他ツールよりも安いんですよ!詳しくはコチラをご覧ください。


永久ライセンス・プレミアムでも常に無償で最新バージョンにアップデートできる

買い切りとなる永久ライセンス・プレミアムでも、常に最新バージョンを利用できます。

私がエドラマインドの永久ライセンス・プレミアムを購入したのは2022年2月。

この記事を書いている2022年11月までに、大型アップデートを1回経験しました。

バージョンアップに伴いツール画面の見た目が大きく変わり、見やすさがアップして感動しましたよ!

\大型アップデートもなんと無料/

EdrawMind(エドラマインド)のバージョン10
さくちょ

Office系ソフトは年払いにしないと常に最新版を使えないから、買い切りでも無償バージョンアップできるのは嬉しい!

↑目次へ戻る

課金した理由3:本業でも使えると考えたから

私は本業の次のような場面で、マインドマップを使っています。

  • 社内メンバーで打合せするとき
  • 打合せ資料の構成を組み立てるとき
  • 報告書の目次構成を組み立てるとき

本業でマインドマップを使い周りの人より作業効率を上げれば、定時で仕事を終わらせて帰れるようになりますよね。

そしたら副業ブログ運営に使える時間まで増やせちゃうかも…♪

さくちょ

有料版ならブレインストーミング機能やプレゼン用のスライド作成も使えるので、本業でも重宝しています!

↑目次へ戻る

体験談|EdrawMind(エドラマインド)を使って記事の質・量を上げた方法

私はエドラマインドを使って次の方法2つを実践したら、ブログ記事の質・量とも一気にレベルアップしました♪

あみぃ

これはどっちも気になります!

さくちょ

これは僕のとっておき!このあと教えるね!

方法1:マインドマップで記事の「型」を作る

読者が理解しやすいブログ記事の「型」をマインドマップに用意しておけば良いだけ。

その「型」に文章を当てはめれば、質の高い記事を量産できます。

\「型」はツイートしちゃってます/

さくちょ

この作業ならエドラマインド無料版の範囲で十分だと思いますよ!

【宣伝】レビュー記事の「型」を徹底解説したコンテンツを販売中!

レビュー記事の「型」を習得すれば、マジで記事の質・量ともグーーッンとレベルアップしますよ!

さくちょ

この「型」が一般化すると相対的に難易度が上ってしまうので、解説コンテンツは有料で販売しています。

興味のある方は↓コチラからどうぞ。

↑目次へ戻る

方法2:競合サイトの記事見出しを抽出してマインドマップで分析する

競合上位10サイトの記事見出しを抜き出してマインドマップに並べれば、自分が書くべき記事内容を分析しやすくなりますよ。

その手順は次の通り。

  1. ラッコキーワードで見出しを抽出
  2. CSVデータをダウンロード
  3. マインドマップに見出しをコピペ
  4. 見出しを階層順に整える
  5. ①~④を上位10サイト分くり返す

具体的な操作手順を知りたい方は、↓コチラの動画をご覧ください。

ラッコキーワード×マインドマップの競合サイト分析方法

さくちょ

この作業はさすがに100項目では足りないので、エドラマインド有料版を使う必要があります。

↑目次へ戻る

他の人気マインドマップツール5つと比較(メリット・デメリットも書く)

エドラマインドと人気マインドマップツール4つを比べました。

ご覧の通り、エドラマインドが最も総合的に優れたマインドマップです。

スクロールできます
ツール名ロゴマークメリットデメリット有料版価格
EdrawMind
オススメ!
ツール画面が見やすい
オフラインで使える
クラウドにデータ保存できる
サブスクと買い切りを選べる
無料版は1マップ100項目まで
他ツールより知名度がやや低い
5,900円(1年)
12,900円(買い切り)
MindMeister人気がありユーザー数も多い
インストール不要ブラウザで使える
無料版で作れるマップは3つだけ
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
オフラインでは使えない
4,950円(6ヶ月)
8,184円(1年)
XMind 8無料で使える範囲が大きい
オフラインで使える
インストール版しかない
クラウドにデータ保存できない
ツールの見た目がやや古い
13,036円(買い切り)
XMind 2022無料で使える範囲が大きい
オフラインで使える
インストール版しかない
クラウドにデータ保存できない
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
4,400円(6ヶ月)
6,800円(1年)
MindMup2無料で使える範囲が大きい
Googleドライブで使える
ツールがすべて英語表記
オフラインでは使えない
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
2.99ドル(1ヶ月)
25ドル(1年)

※価格やサービス内容は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

さくちょ

いろいろ試して自分に合うマインドマップを見つけましょう!その中でも僕はエドラマインドが一番オススメ!


この記事の前半では、人気マインドマップツール5つの操作画面を動画で紹介しています。

≫ 人気マインドマップツール5つの操作画面の動画を見てみる

↑目次へ戻る

まとめ:EdrawMaind(エドラマインド)を使って副業ブログを効率化!

この記事では「副業ブログにオススメのマインドマップツールを知りたい!」という方にむけて、エドラマインドを紹介しました。

私が副業ブログ運営にエドラマインドをオススメする理由は、次の3つです。

≫ エドラマインドをオススメする理由3つを読む

そして、他の人気マインドマップツール5つとの比較結果は次の通り。

スクロールできます
ツール名ロゴマークメリットデメリット有料版価格
EdrawMind
オススメ!
ツール画面が見やすい
オフラインで使える
クラウドにデータ保存できる
サブスクと買い切りを選べる
無料版は1マップ100項目まで
他ツールより知名度がやや低い
5,900円(1年)
12,900円(買い切り)
MindMeister人気がありユーザー数も多い
インストール不要ブラウザで使える
無料版で作れるマップは3つだけ
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
オフラインでは使えない
4,950円(6ヶ月)
8,184円(1年)
XMind 8無料で使える範囲が大きい
オフラインで使える
インストール版しかない
クラウドにデータ保存できない
ツールの見た目がやや古い
13,036円(買い切り)
XMind 2022無料で使える範囲が大きい
オフラインで使える
インストール版しかない
クラウドにデータ保存できない
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
4,400円(6ヶ月)
6,800円(1年)
MindMup2無料で使える範囲が大きい
Googleドライブで使える
ツールがすべて英語表記
オフラインでは使えない
有料版はサブスク「年払い / 半年払い」のみ
2.99ドル(1ヶ月)
25ドル(1年)

※価格やサービス内容は予告なく変更される場合がありますので、最新情報は各公式サイトでご確認ください。

≫ 人気マインドマップツール5つの操作画面の動画を見てみる

さくちょ

マインドマップを上手く使って、効率的に副業ブログを運営していきましょう!

\副業ブロガーにオススメのマインドマップツール!/

無料版でも十分使える!まず試してみて!

↑目次へ戻る

副業ブログ運営で必要な他ツールは?

副業ブログで収益化を狙うなら「検索順位チェックツール」が必須。

検索順位チェックツールは、私が公式アンバサダーを務めるNobilista(ノビリスタ)がオススメ!

\コチラの記事も要チェック!/

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次