【診断してみない?】あなたにピッタリのオーディオブックはコレだ!

flier(フライヤー)では本の要約を音声で聴けるらしいけど、どんな感じなの?他のオーディオブックサービスと何が違うの?

今回の記事では、「オーディオブックを使ってみたい!でも…」

  • どのオーディオブックが自分に合うのか分からない…
  • 本を聴くってどんな感じなの?

という悩みを持つ人に向けて、本の要約サービス「flier(フライヤー)」とオーディオブック大手2つ「Amazonオーディブル」「オーディオブックjp」から、あなたにピッタリのオーディオブックを見つけるお手伝いをします。

本記事の内容はこんな感じ!
  • flier(フライヤー)とオーディブルやオーディオブックjpの違い
  • オーディオブックの音声を聴きくらべよう【実際の音声が試せます】
  • あなたに合うオーディオブックはコレだ!【私が診断します】

とにかく早く自分にピッタリのオーディオブックを知りたい!という人は、下記ボタンをクリックして『オーディオブック診断』をやってみましょう!

\記事の下まで一気にジャンプ!/

さくちょ
さくちょ

こんにちは、さくちょです!
本要約サービスflier(フライヤー)を愛用しています。

私は次のようなスキマ時間を見つけたら、flier(フライヤー)で本要約を聴いています。

私が実践している耳読書
  • 家の掃除をしながら耳読書
  • お風呂に入りながら耳読書
  • 会社へ通勤しながら耳読書

とは言え、「本を聴く」といえば、本の要約サービスflier(フライヤー)より、オーディオブック大手の「Amazonオーディブル」と「オーディオブックjp」が有名ですよね。

私はこれら3つすべてのオーディオブックを使った上で、「flier(フライヤー)で本の要約を聴く」が自分にピッタリだと確信しています。

あなたも自分にピッタリのオーディオブックを見つけたくて、この記事にたどり着いたのですよね?

さくちょ
さくちょ

ということで、flier(フライヤー)で毎日使いつつ、オーディオブック大手「オーディブル」「オーディオブックjp」も使ってきた私が解説しましょう!

この記事を読めば、本の要約「flier(フライヤー)」とオーディオブック大手「オーディブル」「オーディオブックjp」のサービス内容を理解できるようになり、自分にピッタリのオーディオブックが見つかるようになります。

各サービスの音声配信を体験する方法もくわしく解説していますので、ぜひオーディオブックを体感し、スキマ時間に「本を聴く」習慣をとり入れて日々の生活に彩りを増やしてみませんか?

あみぃ
あみぃ

はやくオーディオブック音声を試したいし、オーディオブック診断もやってみたいな!

該当記事へ一気にジャンプ!

「はやく知りたい!」という人は、コチラをクリックすれば該当部分にすばやく移動できます。

『オーディオブック音声』をいますぐ試してみる

『オーディオブック診断』をいますぐやってみる

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代の普通会社員&副業ブロガー
  • 月5桁のブログ副収入を得ています
  • 国家資格「技術士(建設部門)」のほか、副業の民間資格3つを保有
  • スピンバイクで運動しながら、ブログ運営方法を動画講座で勉強中
  • プロフィールはこちら / Twitterもやってます
こんにちは!
flier(フライヤー)とは?

flier(フライヤー)は、ビジネス書を中心とした本を一冊10分間で読める本要約サービスです。詳しくはコチラの記事に書いたので参考にしてください。

この記事の目次

オーディオブックとは?【最大のメリットはスキマ時間の活用】

本題へ入る前に、オーディオブックとは?を解説しておきます。

さくちょ
さくちょ

「そんなこと知ってるよ!」という人は読み飛ばしてOKです。

オーディオブックとは「本を読み上げてくれるサービス」のことです。

オーディオブックの最大のメリットをひと言で表すと、

両手・両目が空く

これによって、次の効果が得られます。

  • 通勤中や移動中、家事の最中など、耳が空いているスキマ時間を活用して「本を聴ける」
  • 本を読む際の悩みで多い「目の疲れ」や「肩コリ」といったカラダの負担が解消できる
  • 文字を読む必要がないので、活字が苦手な人でも頭の中にスッと情報をインプットできる
あみぃ
あみぃ

オーディオブックはとても魅力的だねー♪

ちなみに「オーディオブック白書2021」では、“約3割の人がコロナ禍でオーディオブック利用が増えた”と発表しています。

私だけかもしれませんが、“コロナ禍でオーディオブック利用が増えた”は意外だと思いませんか?

さくちょ
さくちょ

外出時の移動中や待ち時間で使うイメージのあるオーディオブックですが、利用者の多くは自宅で有効活用しているんですね!

まだまだあるよ!オーディオブックのメリット

オーディオブックのメリットを「スキマ時間の活用」だけ語って終わるのはもったいない!

私はオーディオブックを活用することで、次の効果も実感しているんです。

  • 今まで読まなかったジャンルの本でも気軽に挑戦できる
  • 読書量が増えると知識量も増えるので、物知りになれる
  • 本が聴きたくて今まで以上にがんばって家事をやるようになる(笑)

スキマ時間を活用して「本を聴く」と、自然と読書量は増えて知的好奇心がもう止まらなくなります…!

さくちょ
さくちょ

「本を聴く」が習慣化されると「もっと聴いていたい!」となるので、家の隅々まで掃除しちゃって、家の中がキレイになる―といった思わぬ効果も得られます(笑)

flier(フライヤー)とオーディブル・オーディオブックjpの違い

前置きが長くなってしまいましたが、ここからが本題です。

まず、flier(フライヤー)とオーディブル・オーディオブックjpの音声配信による違いは次の通りです。

flier(フライヤー)
オーディブル
オーディオブックjp
  1. 本の要点や必読ポイントに絞った「本の要約」が聴ける
  2. AIによる自動音声
  3. ビジネス系に特化
  4. 音声配信とまったく同じテキストによる要約も読める
  1. 本1冊を最初から最後まですべて聴ける
  2. プロの声優や俳優による朗読
  3. 幅広いジャンルを網羅
  4. テキストはなし(本の購入が必要)

ご覧いただく通り、flier(フライヤー)とオーディブル・オーディオブックjpの音声配信は、まったく別物なのです。

さくちょ
さくちょ

ココが今回の記事でいちばん大事なポイント!

もう少し分かりやすく、サービス内容に着目して表で並べてみます。

スクロールできます
サービス名flier(フライヤー)
【ゴールドプラン】
オーディブルオーディオブックjp
【聴き放題プラン】
公式ロゴ
料金月額1,980円(税込)
月額2,200円(税込)
月額1,500円(税込)月額880円(税込)
本の数2,700冊以上
※すべて本の要約
120,000冊以上10,000冊以上
解約後聴けない聴けない聴けない
ジャンルの特徴ビジネス系に特化幅広く網羅ビジネス系が多い
テキスト有無あり
※ただし本の要約
なしなし
公式サイト公式サイトを見る公式サイトを見る公式サイトを見る
※ここでは、いずれもほぼ同じ条件となる「聴き放題」プランを並べています。

1つずつサービス内容を説明していきます。

「ビジネスパーソンがいま読むべき本の要約」が聴けるflier(フライヤー)

flier(フライヤー)は、ビジネス書を中心とした本を一冊あたり10分間で読める「本の要約」を配信しているサービスです。

ビジネス系に特化とは言え、ビジネス書以外に実用書や教養書など幅広い全17カテゴリーから「ビジネスパーソンがいま読むべき本」を厳選しています。

例えば、こんな本の要約がサクッと10分で聴けますよ。

flier(フライヤー)を利用するメリット

flier(フライヤー)のメリットは「本を買う失敗が圧倒的に減ること」です。

  • 買ってじっくり読むべき本
  • flier(フライヤー)の要約だけで十分な本

私はこれまで少なくとも1,000冊以上本を読みましたが、知識を身につけるため読書なら、本を最初から最後まで読む必要ないんですよね。

なぜなら、ビジネス書や実用書は1冊のうち70~80%は重要でないことが書かれており、本当に重要なことは残り20~30%に書かれているからです。

そして、この重要なポイントはflier(フライヤー)の要約でほぼ確実に落とし込まれています。

何となく良さそうと思い手に取った本が、実はすでに知っていることや、あまり役に立たないことばかり書いてある経験ありませんか?

flier(フライヤー)で本の要約を読めば、このような失敗は間違いなく無くなりますよ。

flier(フライヤー)の月額料金

flier(フライヤー)の料金は、本の要約が読み放題となるゴールドプランだと月額2,200円(税込)です。

でも、当サイトからゴールドプランを申し込めば、通常2,200円から10%安い1,980円でずっと利用できるし、いまなら7日間無料でゴールドプランをお試しできます。

ゴールドプラン以外にも、無料の「フリープラン」と有料の要約が月5冊まで読める「シルバープラン」があります。

月額料金は他サービスより高額ですが、本の中で重要なポイントが落とし込まれた要約を10分で読めて、本を買う失敗が減るなら、本1~2冊買うのと同じ値段で多読できる点を考えると破格の値段なのです。

さくちょ
さくちょ

試して合わなければやめればOK。試してみないともったいないですよ!

\いまなら7日間無料で要約読み放題!/

flier(フライヤー)のもっと詳しいことはコチラの記事に書きました。

登録方法や解約方法も分かりやすく解説していますので、ぜひ合わせて読んでください。

「超豪華で圧倒的なオーディオブックサービス」Amazonオーディブル

オーディブルは、みなさんご存知のAmazonが運営しているオーディオブック大手のサービス。

オーディオブルは、この次に紹介するオーディオブックjpと並んで、オーディオブック2大サービスのうち1つです。

なんと言っても、12万作品が聴き放題という豪華なサービスかつ豊富なラインナップが魅力。

例えば、ジャンルが全然違うこのような本の朗読が聴けます。(んー豪華!)

オーディブルを利用するメリット

くり返しとなってしまいますが、オーディブルのメリットは「聴き放題のラインナップが広い」です。

私の感覚だと8~9割のタイトルは聴き放題になっており、「読みたい本が聴き放題対象ではなかった…」とガッカリすることがほとんどありません。

オーディブルでは日本国内の本に限らず、洋書やエンタメ系が多いのも他サービスにはない特徴ですね。

オーディブルの月額料金

オーディブルの料金は、月額1,500円(税込)です。

本1冊買うのとほぼ同じ料金だし、オーディオブックを単品で購入すると1冊約2,000円~なので、月に1冊以上本を読む人は月額会員になった方がお得です。

さくちょ
さくちょ

オーディブルはなんと30日間も無料体験できるんです!自分に合わなかったらいつでも解約できますよ!

\ 最初の30日間は完全無料! /

「コスパ最強の国内老舗オーディオブックサービス」オーディオブックjp

オーディオブックjpは、2007年から株式会社オトバンクが運営している、日本国内老舗のオーディオブックサービス。

オーディオブックjpは、先に紹介したAmazonオーディブルと並んで、オーディオブック2大サービスのうち1つです。

読める冊数は聴き放題プランで1万冊のため、オーディブルの12万冊より少なく思えるものの、オーディブルは英語の本が多いので、日本語に限った1万冊ならオーディブルよりオーディオブックjpの方が多いです。

読める本のラインナップは、ビジネス書が多めでこんな感じです。

オーディオブックjpを利用するメリット

オーディオブックjpの料金プランは大きく分けて2つあり、定額の「聴き放題プラン」と毎月自動でポイントがもらえる「月額会員プラン」に分けられます。

料金やシステムは次の通りですが、他のサービスと比べて特に際立つのが「聴き放題プラン」。

聴き放題プラン
【オススメはコッチ!】
月額会員プラン
月額880円(税込)月額550~33,000円(税込)
一括前払い7,500円の年割もあり
(3カ月分お得)
610~42,000ポイントが毎月付与
(1ポイント=1円)
聴き放題では聴けない本がある7つの料金プランから選ぶ
「聴き放題プラン」の詳細を見る 「月額会員プラン」の詳細を見る

「聴き放題プラン」は、先に紹介した2つのサービスに比べて圧倒的に安いんです。

月額料金2,200円
(当サイトから申し込めば1,980円)
月額料金1,500円
月額料金880円

オーディオブックjpの月額料金

オーディオブックjpの料金は、いま上で示したオススメの「聴き放題プラン」が月額880円(税込)です。

オーディオブックjpは割と頻繁に割引セールをやっているものの、それでも単品購入は1冊約1,000円~なので、月に1冊以上本を読む人は「聴き放題プラン」がお得です。

さくちょ
さくちょ

オーディオブックjpは2週間の無料体験期間があります。こちらも自分に合わなかったらいつでも解約OKです!

\「聴き放題プラン」を2週間無料体験!/

オーディオブックの音声はこんな感じ!【実際の音声が試せます】

サービスの違いは分かったけど、それぞれのサービスで聴ける音声ってどうなの?とくにAIによる自動音声であるflier(フライヤー)は気になるなぁ…

  • flier(フライヤー):AIによる自動音声【かんたん!AITalk®3】
  • オーディブル:プロの声優や俳優による朗読
  • オーディオブックjp:プロの声優や俳優による朗読

ここでは、上記3つのサービスによる音声の聴き比べをしてみましょう。

題材に上げる本は、3つすべてのサービスで聴くことができる「夢をかなえるゾウ」とします。

先にお伝えすると、それぞれ下記公式サイトにアクセスして音声を試していただきます。

どのサイトもお試しは無料(通信料のみ)で登録は不要、かつアプリのダウンロードも一切不要なので、気軽にアクセスして試してくださいね!

さくちょ
さくちょ

では、音声お試し方法を1つずつ紹介していきますね♪

flier(フライヤー)の音声お試し方法【AIによる自動音声】

まず、flier(フライヤー)の音声要約では、株式会社エーアイが開発・提供している『かんたん!AITalk®3』が採用されています。

flier(フライヤー)の音声要約はサービスに登録しないと聴くことができないのですが、株式会社エーアイの公式サイトで『かんたん!AITalk®3』をデモンストレーションできるのです。

さくちょ
さくちょ

ということで、『かんたん!AITalk®3』のデモサイトを使って音声要約を体験してみましょう!

以下に示す手順は、パソコン・スマートフォンのどちらでも同じです。

STEP
株式会社エーアイ『かんたん!AITalk®3』のデモサイトにアクセス

まず、下のリンクをクリックして『かんたん!AITalk®3』のデモサイトにアクセスしてください。

『かんたん!AITalk®3』のデモサイトにアクセスする

STEP
少し下にスクロールして“デモンストレーション”の部分を表示

『かんたん!AITalk®3』のデモサイトにアクセス したら、少し下にスクロールすると、“デモンストレーション”があるので、今回はコチラを活用します。

STEP
デモサイト赤枠内に下記文章をコピー&貼り付けて「合成」ボタンをクリック

下に掲載した文章をコピーしたら、STEP2で示したデモサイトの赤枠内に貼り付けて『合成』ボタンをクリックすると自動音声を聴くことができます。なお、自動音声の話者(のぞみ)や話速、音高、抑揚はすべて初期設定のままでOKです。(※音量に注意してください)

↓この文章をデモサイト赤枠内に貼り付ける↓

さえないサラリーマン「僕」のもとへ、「自分、そんなことやから、『夢』を現実にでけへんのやで」という言葉とともに、ゾウの頭を持つインドの神様「ガネーシャ」がやってくる。

さくちょ
さくちょ

この文章はflier(フライヤー)の「夢をかなえるゾウ」要約から一部抜粋しました。

オーディブルの音声お試し方法【ナレーター:岩崎 了】

続いてオーディブルの朗読サンプルを聴いてみましょう。

以下に示す手順は、パソコン・スマートフォンのどちらでも同じです。

STEP
Amazonの「夢をかなえるゾウ(Audible版)」商品ページにアクセス

まず、下のリンクをクリックしてAmazonの「夢をかなえるゾウ(Audible版)」商品ページにアクセスしてください。

Amazonの「夢をかなえるゾウ(Audible版)」商品ページにアクセスする

STEP
商品ページの「Audibleサンプル」ボタンをクリック

商品ページのサムネイル下に「▶Audibleサンプル」ボタンがあるので、コチラをクリックすると朗読サンプルを聴くことができます。(※音量に注意してください)

さくちょ
さくちょ

「夢をかなえるゾウ」のオーディブル版ナレーターは声優「岩崎 了」さんです。

オーディオブックjpの音声お試し方法【ナレーター:影平隆一、大川透など】

最後にオーディオブックjpの朗読サンプルを聴いてみましょう。

以下に示す手順は、パソコン・スマートフォンのどちらでも同じです。

STEP
audiobook.jpの「夢をかなえるゾウ」商品ページにアクセス

まず、下のリンクをクリックしてaudiobook.jpの「夢をかなえるゾウ」商品ページにアクセスしてください。

audiobook.jpの「夢をかなえるゾウ」商品ページにアクセスする

STEP
商品ページのサンプル再生ボタン▶をクリック

商品ページのサムネイル下に「▶」ボタンがあるので、コチラをクリックすると朗読サンプルを聴くことができます。(※音量に注意してください)

さくちょ
さくちょ

「夢をかなえるゾウ」のオーディオブックjp版では、登場人物に合わせて5名のナレーター方が語ってくれます。

あなたに合うオーディオブックはコレだ!【私が診断します】

ここまでflier(フライヤー)とオーディブル、オーディオブックjpのサービス3つについて、主に音声配信の違いに着目して解説してきました。

あらためてflier(フライヤー)とオーディオブック2大サービスの違いを示します。

flier(フライヤー)
オーディブル
オーディオブックjp
  1. 本の要点や必読ポイントに絞った「本の要約」が聴ける
  2. AIによる自動音声
  3. ビジネス系に特化
  4. 音声配信とまったく同じテキストによる要約も読める
  1. 本1冊を最初から最後まですべて聴ける
  2. プロの声優や俳優による朗読
  3. 幅広いジャンルを網羅
  4. テキストはなし(本の購入が必要)
さくちょ
さくちょ

flier(フライヤー)とオーディブル・オーディオブックjpの音声配信は、まったく別物であることは何となく理解できましたか?

これまでの情報を理解しても、それでもやっぱり悩んじゃいますよね。

結局、自分に合うオーディオブックサービスはどれなの…?

ここまで読み進めたけど、まだどれにしようか迷ってる…という方のために、ぴったりなオーディオブックサービスを診断できるツールを作りました。

ぜひあなたにあったオーディオブックサービスを見つけてみてください!

Q1
オーディオブックを使ってみたいのはなぜ?

※もう一度診断したい場合は、「ページ再読み込み」をしてください。

【まとめ】効果バツグンのオーディオブックをいまから始めよう!

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にここまでの内容を復習しましょう!

  • オーディオブックは両手・両耳が空くことでスキマ時間に「本を聴ける」読書ツール
  • 「本を聴く」習慣が身につけば、自然と読書量は増えて知的好奇心が止まらなくなる
  • 「flier(フライヤー)」はAIによる自動音声で、ビジネス書中心に本の要約を10分で聴ける
  • 「オーディブル」は12万作品が聴き放題という豪華なサービスかつ豊富なラインナップが魅力
  • 「オーディオブックjp」はビジネス系に強くて日本語の冊数が最も多く、何よりもコスパ最強
さくちょ
さくちょ

どのサービスもはじめに無料期間があるため、まずは試してみるのがいいですよ!

今回の記事はここまでです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次
閉じる