【無料プレゼントあり】あなた、いま「副業ブログ」で稼げてますか?副業ブログを成功させるポイントを「メルマガ」で解説中!詳細はココをクリック!

【朗報】社内ニートは勝ち組確定!メリット・デメリットを徹底解説

あみぃ

私、社内ニートっぽい状況にいるんだけど…ストレス少なくて意外と働きやすいかも。ある意味で勝ち組なのかな?

この記事では「社内ニートって勝ち組なの?」という疑問にお答えしていきます。

この記事を読んで分かること

この記事を読めば「社内ニートは勝ち組かも!」と前向きに考えられるようになり、あなたの人生を好転させる確実な一歩を踏み出すことができるようになります。

あなたは「社内ニート」と呼ばれる立場にいますか?その立場をどう理解すれば良いのか、悩んでいませんか?

「ニート」という言葉がネガティブな印象を与えますが、社内ニートはうまく立ち振る舞うことで「人生の勝ち組」になれます。

さくちょ

ポイントは「会社に依存しない」こと。詳しくは後ほど解説しましょう!

この記事を書いた人【さくちょ】
  • 30代会社員&副業ブロガー&Kindle作家
  • ブログ中心の副業で毎月6桁稼ぐ
  • 副業ブログに関するKindle本を複数冊出版
  • 自宅でのスピンバイク×動画学習が日課
  • 僕のプロフィールページはコチラ
こんにちは!
この記事の目次

社内ニートとは?じつは現代社会における新たな勝ち組

現代の働き方には形がさまざまありますが、その中でも「社内ニート」という存在が注目されています。

では、彼らは本当にただのニート●●●●●●なのでしょうか?

ここでは、社内ニートの誤解されがちの意外な真実じつは社内ニート=勝ち組とみなされる理由を解説します。

社内ニートとは?誤解されがちの意外な真実

社内ニートは一般的に「会社に属しているけど、明確な職務や役職が割り当てられていない人」を指します。

社内ニートになる理由はさまざまですが、主に次のような背景が考えられるでしょう。

組織の再編やリストラ

企業が組織再編やリストラを行う際、特定の部門が縮小または廃止されることがあります。

その結果、元々担当していた仕事がなくなり、新しい職務がすぐには割り当てられない状況が発生すると、社内ニートが誕生するのです。

パフォーマンスの問題

仕事のパフォーマンスが期待に満たない場合、その社員を重要なプロジェクトや役職から外し、限られた役割を与えることでリスクを管理することがあります。

この場合、従業員は社内ニートとしての立場に置かれることになるでしょう。

社内政治

企業内部の政治的な理由で、特定の従業員を直接解雇できない場合、彼らを目立たない位置に移動させて、事実上の権力から遠ざけることがあります。

さくちょ

社内ニートになるのは、自分が原因の場合もありますが、会社側の都合の場合も多いので、必ずしもあなたが悪いとは限りません。

じつは社内ニート=勝ち組とみなされる理由

じつは「社内ニート=勝ち組」と見なされることがあるのです。

経済的な不透明感や職場ストレスが常態化している現代では、少ないプレッシャーで働ける社内ニートは、精神的なゆとりをキープしやすく、それなのに会社員として給料は毎月受け取れますからね。

さくちょ

僕も「バリバリ仕事で活躍したい!」というより「プレッシャーのかかる仕事は避けて平和に働きたい」という願望の方が強かったりします。

社内ニートのメリット5つとデメリット3つ

現代の職場環境でネガティブに見られる「社内ニート」ですが、意外にもメリットの方が多いのです。

さくちょ

多くのメリットを感じるためには「会社に依存しない」がカギになるでしょう。

社内ニートのメリット5つ(人生レベルで見るとメリットの方が大きい)

まず「社内ニートのメリット5つ」から見ていきましょう。

人生レベルの広い視点を持てれば、社内ニートのメリットはかなり魅力的であることに気付けるはずです。

メリット1:時間な自由が多い

社内ニートは1日の多くを自由に使えるため、自己啓発や趣味、副業などに時間を費やすことができます。

この自由は、精神的な余裕をもたらし、創造力を高める可能性があります。

さくちょ

時間は有限なので、人生において自由な時間が増えることは、ポジティブに考えてよいでしょう。

メリット2:ストレスが少ない

責任の少ない仕事は、職場のストレスを軽減して、全体的な仕事の満足度を向上させることができるでしょう。

ストレスが少ないと心身の健康を保ちやすくなります。

さくちょ

心に余裕がないと、いつもピリピリしたり、ネガティブな気持ちになったりして、人生を楽しめませんからね。

メリット3:柔軟に働ける

社内ニートは仕事での拘束が少ないので、緊急時の対応やプライベートな予定にも柔軟に対応できます。

すなわち、ワークライフバランスを保ちやすいと言えますね。

さくちょ

仕事中心ではなく「自分中心」で立ち回れるのは、大きなメリットだと思います。

メリット4:職場を客観的に見れる

社内ニートは職場を客観的に観察する機会があり、組織全体の理解を深めることができます。

客観的な視点を持つことで、職場内で上手く立ち回るポジションを確立することができますね。

さくちょ

余裕がないと視野が狭くなり、職場の雰囲気の変化などにも鈍感になってしまいます。

メリット5:人間関係の構築に有利である

1つのプロジェクトに縛られず、広い範囲で人間関係を築けるので、職場での人間関係構築に有利です。

さくちょ

心に余裕があると、人当たりも良くなるので、人間関係を構築しやすくなるのは意外なメリットではないでしょうか。

社内ニートのデメリット3つ(会社に依存しなければ気にする必要なし)

メリットがあればデメリットがあるのは当然なので、次はデメリットに焦点を当てていきます。

以下に示すデメリットは一見ネガティブに感じますが、会社に依存しなければ気にしなくても良いことがほとんどです。

デメリット1:昇進の機会が限定される

具体的な職務経験が少ないため、スキルアップや昇進の機会が限定され、キャリアの成長にブレーキがかかります。

さくちょ

ただし、これは漠然と日々を過ごしている場合●●●●●●●●●●●●●●のデメリットですので、後ほど抜本的な解決策を示します!

デメリット2:なかなか給料が増えない

プロジェクトや役職に基づくボーナスや昇給の機会が少ないため、なかなか給料が増えない状況に陥る可能性があります。

さくちょ

しかし会社員を続ける限りは、社内ニートでも固定給は受け取れます(給料が増えると言っても、数千円万円程度微々たるものですし…)

デメリット3:やる気がないと見られがち

社内ニートはしばしば「責任を持たない=やる気のない存在」と見られがちで、これは職場内での評価に影響を及ぼすことがあります。

さくちょ

先に昇進していった同期や後輩などいれば、差別的な目線で見られることだってあるかもしれませんが、ぶっちゃけ気にする必要ないです。

【副業を始める】社内ニートの特権を最大限に活かすカギ

社内ニートは多くの自由時間を得られますので、この空き時間を利用して副業に取り組むことは、経済的な自立を目指す大きなチャンスとなります。

令和4年就業構造基本調査結果」によると、下グラフの通り、副業に取り組む人は10年前に比べると4割強も増えているのです

総務省「令和4年就業構造基本調査結果」より当ブログで作成
さくちょ

社内ニートの立場をフル活用して副業の大波に乗るのが、僕は現代の最適解だと考えています。

サラリーマンが副業を始めるメリット

副業を始めることで、自分の情熱を追求しながら、もっと人生を充実させることができるようになります。

副業を始めるメリットは、例えば次の通り。

収入源の多様化

副業で収入源を多様化することで、本業だけに依存しない経済的な安定を得ることができます。

自己実現の場

自分のスキルや趣味を活かして、楽しめるビジネスを見つければ、お金を稼ぎながら自己実現を追求できるようになるのです。

新たなスキルの習得

副業を通じて本業では得られない新しいスキルや知識を習得すれば、キャリアの幅を大きく広げることができるでしょう。

さくちょ

僕は34歳から副業ブログをはじめ、上記3つを手に入れることができました!

副業に挑戦するための心構え

副業を始める際には、次のような心構えを持っておくと良いです。

小さく始める

最初から大きな目標を掲げると挫折しやすいため、小さなビジネスや趣味の延長から始めてみるのが良いでしょう。

自分の強みを活かす

自分のスキルや趣味を活かせる分野で副業を始めると、より情熱を持って取り組むことができます。

失敗を恐れない

はじめての副業(=個人ビジネス)での失敗は必然ですが、それは貴重な経験・資産になるため、失敗を恐れずに挑戦することが重要です。

さくちょ

もしかすると、あなたの会社は副業禁止かもしれませんが、正直バレなければ全く問題ありません!

副業をはじめるための5ステップ

副業を通じて自分の情熱を追求するために、次のステップを考えてみましょう。

STEP
自分の興味・関心をリストアップ

自分が興味を持っていることや、過去に楽しかったと感じた経験をリストにする

STEP
副業のアイデアをブレインストーミング

自分の興味とスキルを掛け合わせて、どのような副業ができるかアイデアを思いつく限り洗い出してみる

STEP
小さな一歩から始める

まずはブログを書いたり、YouTube動画を作成したり、趣味の作品を販売するなど、小さな一歩から始めてみる

STEP
コミュニティを活用する

同じように副業に挑戦している人々のコミュニティに参加し、情報交換やアドバイスをもらう

STEP
少しずつ拡大していく

最初は小さな規模で始めた副業を、徐々に拡大していく

さくちょ

僕は小さな初期投資から始められて、自分のペースで進められるブログをサラリーマンの副業としてオススメしています。

堂々と社内ニートとして立ち振る舞うコツ3つ

社内ニートの立場でいることは、時としてネガティブな見方を受けがちです。

しかし周りの目を気にせず、社内ニートの立場を受け入れて堂々と振る舞うことができれば、多くのメリットを得られるでしょう。

さくちょ

社内ニートをネガティブに見てくる人達は「会社に依存している社畜」だと考え、あまり気にせず堂々としているのが最大のコツでしょう!

コツ①:自己認識を強化する

自分自身の内面を深く理解するためには、定期的な自己反省が有効です。

例えば、次のような自己反省を継続するのが効果的。

  • 日記をつける
  • 自己評価シートを作成する
  • 信頼できる会社外の人と交流する
さくちょ

X(旧Twitter)などで自分の考えや価値観を発信すれば、同じような境遇にいる方を集めることができし、将来的な情報資産になるのでオススメですよ!

コツ②:コミュニケーションを怠らない

積極的なコミュニケーションは、職場での存在感を示す上で重要です。

同僚や上司とのよい関係を築き、意見や提案を適切に表現することで、自分の立場をしっかりと主張できるようになります。

さくちょ

社内ニートの立場に満足して、周りの人に明らかな批判的・反発的な態度を出さないように気を付けましょう。

コツ③:ストレスを管理する

ストレスを感じにくい社内ニートとは言え、次のようなストレス管理を怠ってはいけません。

  • 定期的な運動を心掛ける
  • 十分な睡眠を取って心身の回復を図る
  • 瞑想や深呼吸の技術を日常に取り入れる
  • 自分の趣味に没頭する時間を取り入れる
  • 必要に応じて専門家からアドバイスを受ける
さくちょ

これらを1日のタスクに組み込みやすいのも、社内ニートでいるメリットですからね。

【Q&A】よくある質問にお答えします。

ここでは「社内ニートは勝ち組なの?」と疑問を抱いている方への、よくある質問にお答えしていきます。

社内ニートとは具体的にどのような立場を指しますか?

社内ニートは、会社に所属しながらも特定のプロジェクトや責任ある役割から離れており、日々の業務が軽減されている状態を指します。

なぜ社内ニートが勝ち組と見なされることがあるのですか?

労働市場の変化と働き方の多様化により、ストレスが少なく、自由に時間を使える社内ニートの立場は、精神的な健康や個人的な成長の機会を提供するためです。

社内ニートが直面する一般的な問題とは何ですか?

社内での見えない圧力、孤立感、自己価値の低下、キャリアの将来に対する不安などが一般的な問題です。

社内ニートの時間を有効に使う方法は?

自己啓発のためのオンラインコース受講、趣味やスポーツなど、自分の興味やキャリアに有益な活動に時間を割くことがお勧めです。特にオススメなのは「副業」をはじめることでしょう。

社内ニートから脱却するにはどうすればいいですか?

新たなスキルを学び、社内ネットワークを強化して、積極的に異なるプロジェクトや役割を求めることでキャリアを再構築できます。しかし、1つの会社に依存せず、社内ニートの立場を効果的に活用して「副業」をはじめる方が長期的なメリットは大きいでしょう。

まとめ:社内ニートは勝ち組確定!メリット・デメリットを徹底解説

この記事の内容をまとめます。

社内ニートは…
  • 多くの自由を得て、創造的な働き方を実現できる
  • 人生レベルで見るとメリットが圧倒的に多い
  • 会社に依存しない価値観を持てばデメリットを無視できる
  • 副業をはじめて経済的自立を目指せるチャンスである
  • 周りの目より自分を大切にして堂々と立ち振る舞えばよい

社内ニートは「ニート」というレッテルを貼られることで、ネガティブな状況だと誤解されます。

しかし見方を変えれば、社内ニートは「自由な時間や心の余裕を得られるチャンス」と考えることができます。

さくちょ

社内ニートの立場をうまく使って副業をはじめれば、あなたの人生をより良い方向に導くことができるでしょう。

もし本業ありきの副業をはじめるなら、僕は「ブログ」を強くオススメします。

副業ブログに興味ある方は、コチラの記事もぜひご覧ください。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

この記事の目次